top_line

吉岡秀隆、実在のTV番組ディレクター役で出演『天国からのラブソング』

テレビドガッチ


濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、吉岡秀隆の出演が決定した。

本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 

吉岡が演じるのは、『発見らくちゃく!』のディレクターであり、このドラマの監督でもある藤谷拓稔。主人公の天星と亡き祖父・浩を、音楽を通じて共演させるために奮闘する姿を演じる。吉岡からのコメントを以下に紹介する。

<吉岡秀隆 コメント>
今回のドラマでは、『発見らくちゃく!』で放送された天星くんのエピソードだけでなく、天星くんと出会って、一緒に番組を作り出していったテレビ局のスタッフも描いているので、番組の裏側というか、また違った面白さを感じていただけるのではないかと思います。天星くんの思いが天国のおじいちゃんに届くようにと願って撮影に臨みました。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル