top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ヒゲドライバーが語る、シンガポール現地アニソンファンの熱量【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】

アニメ!アニメ!

ヒゲドライバーが語る、シンガポール現地アニソンファンの熱量【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】

日本を初めとするアジア各地で開催されている大規模アニメイベント「C3AFA」。
過去、日本からも多くの作品、声優、アーティストが参加しており、この11年の累計来場者数合計は170万人以上に及んでいる。

アニメ!アニメ!では、2019年11月29日から12月1日までシンガポールにて開催された「C3AFA Singapore」にて、出演者たちに対するバックステージ取材を実施した。
本記事では、これまで手掛けた作品の中から選りすぐりの曲をDJスタイルで披露し、会場を盛り上げたヒゲドライバーさんにインタビュー。ステージ終了後の興奮冷めやらぬなか、その感想を聞いた。

■コアな楽曲にも付いてきてくれた現地ファン

――ステージの盛り上がりはいかがでしたか?

ヒゲドライバー:開場して間もない時間帯だったので、お客さんにテンションを上げてもらうのは難しいかなと思っていたんですけど、コアなファンの方がたくさん来てくださったみたいで。最初から熱狂的に盛り上げることができました。

――ステージを拝見しましたが、始まった瞬間に「おおお~!」と歓声が上がっていました。

ヒゲドライバー:コアな曲に対しても、きちんと反応してくれたのが嬉しかったです。曲への理解度も日本のファンと同じぐらい高かったですし、熱狂的な一面を感じることができました。ステージを見に来てくれているのは、シンガポールでも選りすぐりのファンという印象です。

――日本とはまた違う盛り上がり方でしたか?

ヒゲドライバー:こちらが煽らなくても自然と乗ってきてくれますね。ノリの良さは海外ならではだと感じました。

――今回、シンガポールではどのように過ごしていますか?

ヒゲドライバー:昨日の夜に着いたのですが、ご飯食べて、ホテルの周りをぶらっと散歩したくらいです。シンガポールは今回で2回目ですが、前回から間が空いているので新鮮に感じています。

――イベントも含めてシンガポールの魅力をどう感じました?

ヒゲドライバー:まず街並みがすごくオシャレです。イベント会場も広く、しかも綺麗な印象ですね。ライブ会場の音響も良くて安心して演奏できました。

――最後に、ファンに向けてのコメントをお願いします。

ヒゲドライバー:ボカロPをはじめたり、バンド「ヒゲドライVAN」ではボーカル・ギターを担当したりと、新たなことにチャレンジしています。またCygamesの新作タイトル『WORLD FLIPPER』のBGMも演奏しているで、そちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

>そのほか「C3AFA」バックステージ取材記事はコチラ

取材=江崎大、文・撮影=乃木章
取材協力:C3AFA Singapore 2019

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル