top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

監督はなぜ今『影裏』を撮ったのか? 感情の小さな動きを積み重ねて描く“声なき声”

goo映画

執筆:Avanti Plus

岩手県在住の作家、沼田真佑の芥川賞受賞作を、岩手県盛岡市出身である大友啓史監督が映画化した『影裏』。人の肌、汗、太陽光や雪、花や草、木、川、山、たばこの煙、会社の執務室、倉庫、車の車内。

匂いや手触りなどそれぞれの感覚は、映画が終わってからも離れず、しばらく『影裏』の世界から抜け出せなかった。

『影裏』 2020年2月14日(金)より全国ロードショー  (C)2020「影裏」製作委員会配給:ソニー・ミュージックエンターテイメント

物語は、こうだ。転勤をきっかけに移り住んだ盛岡市で、土地にも人にも親しむことなく、一人の生活を送っている医薬品会社の社員、今野(綾野剛)。ふとしたことで同僚の日浅(松田龍平)と出会い、釣りを通じて交流を深める。

広告の後にも続きます

だが、ある日、日浅は忽然と姿を消した。いなくなった友の行方を、今野は追う。浮かびあがるのは日浅の知られざる顔。その過程で今野自身も目を背けていたものと向き合い、ゆっくりと再生していく。

鑑賞者がまず触れる、湿り気を帯びた今野の肌

まず目に飛び込んでくるのは、しどけなく眠りこける今野の姿。暑い夏。下着のショーツ姿で無防備に寝ている今野の、湿り気を帯びた肌の感触が伝わってくる。情事の後のようなエロティックさは全く感じられない。伝わってくるのは、知らない土地で、自分の生活を見つけようとしている一人の人間の日常だ。

ただし、最初に彼の肌に触ったような感覚を味わったため、我々は今野を自分の代弁者のように感じながら、映画をスタートさせる。大友演出に早くも持っていかれる。

『影裏』 2020年2月14日(金)より全国ロードショー  (C)2020「影裏」製作委員会配給:ソニー・ミュージックエンターテイメント

今野が通う会社内部はどこも薄暗く照明されていて、息苦しい。執務室も倉庫も。光があたるのは、それらを結ぶ渡り廊下だけ。今野はそこで禁止されている喫煙をする日浅と出会う。

見たことのないほどのアップで切り取られた顔。香りを漂わせながら、日浅の長くきれいな指がたばこを弄ぶ。今野の視点で日浅を観ることになった我々は、そんな彼の一挙手一投足に魅了される。

日常の積み重ねで描かれる今野の“ときめき”

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル