top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人気アナは“映画人の祭典”にどう切り込む?「日本アカデミー賞」新司会者・羽鳥慎一さんインタビュー

goo映画

執筆:Avanti Plus

“映画人による映画人のための賞”と言われる日本アカデミー賞。そう呼ばれる理由は、投票権を持つ日本アカデミー賞協会会員3962人が、劇場映画に関わる仕事に3年以上従事している人々だから。

2020年1月15日、まず第43回の優秀賞受賞者・受賞作が発表された。その中から決まる最優秀賞の発表と授賞式は、3月6日(金)に行われる。

授賞式当日、会場に集まるのは、登壇者はもちろん、裏方として働く人々もすべて映画人。すでに公開も終わり、会う機会のない受賞作品のスタッフ、キャスト、宣伝チームは、お祝いムードも手伝ってテンション高めに再会を喜び合う。やがてそれは作品の垣根を越え、会場全体を同窓会的ムードに包み、式が終わった後も皆を立ち去り難く語り合わせるのだ。

そんな日本アカデミー賞の司会者は、近年は6年連続計9回も務め、すっかり顔となっていた西田敏行さんだった。その西田さんに代わって、2020年、司会に抜擢されたのは羽鳥慎一さんだ。

広告の後にも続きます

アナウンサーである羽鳥さんに、俳優である西田さんの司会がどう映っていたのか? またそんな映画の祭典の司会に臨む羽鳥さんは、日本アカデミー賞をどんな場と考えているのか、うかがった。

羽鳥慎一さん(撮影:Tomoko Ishikawa)

西田敏行から受け取ったバトンの重み

――日本アカデミー賞の顔となっていた西田さんから司会を引き継がれたわけですが、依頼の際、具体的なお願いはありましたか?

羽鳥 羽鳥さんらしさを出してください、と言っていただきました。西田敏行さんは俳優さんですから、映画の撮影現場の苦労を知る仲間として、受賞者の方々にインタビューされ、楽しい雰囲気でさまざまな言葉を引き出されていました。

西田さんのスタイルには憧れますが、私にそれはできませんので、その立場でのお話は、今年、司会でご一緒する安藤サクラさん(前年の最優秀主演女優賞受賞者)にお任せして、視聴者の方に近い立場で映画を観て感じたことをしっかりうかがっていければと思います。

左から第43回日本アカデミー賞の司会を務める羽鳥慎一さんと安藤サクラさん(撮影:Tomoko Ishikawa)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル