top_line

いつまでも相思相愛♡長続きしているカップルのLINEルール4つ

myreco

毎日のやりとりを必須にしない


UTS/stock.adobe.com

長続きカップルを何組かみていると、毎日のやりとりを「必須」にしていません。

忙しければお互いに連絡をする時間がなく、たまにはひとりになりたいときもあります。


連絡しないたびに「どうして返事してくれないの?」と責めていたら、自分はともかく相手のメンタルがもたなくなってしまいます。

なにか起きても彼からちゃんと連絡してくるだろうし、何かしらのかたちで一報が届くでしょう。


彼だって、もういい大人。

たとえお返事がなくても、基本的には放置しておくくらいの距離感で良いのかも。


夜は早めに切り上げる


BillionPhotos.com/stock.adobe.com

お互いの仕事内容や環境によっては、生活スタイルが異なる場合もあるでしょう。

しかし基本的には、仕事の日が1か月のほとんどを占めているはず。


つまり、夜は翌日に備えて体力を温存しておく必要がありますよね。


メンタルも整えなくてはいけません。

繁忙期に入っているなら、なおさら夜のLINEは控えるべきでしょう。


深夜になってから「そういえばさ」と彼に対して悩みを打ち明けるのも、あまり精神衛生上よくないかも。


夜はお互い、ひとりの時間を最優先。

それぞれが自立していれば、今の恋は自然と続いていくはずです。


忙しい時期はあえて頻度を下げる


One/stock.adobe.com

お互いに(あるいはどちらかが)繁忙期に入った場合、連絡をほんの少し控えましょう。

相手が自分のことを想ってくれるのは嬉しいけれど、忙しくなるとどうしても「放っておいてほしい」と思ってしまうものではないでしょうか。


自宅にいても仕事を進めている状況なら、すぐにお返事なんてできません。

長続きカップルはもちろん何度も繁忙期を乗り越えていて、忙しい時期に入ったらすぐに距離感を調整します。


べったりしないことが、相手に対する愛情とイコールになるのです。

忙しい時期はあえて頻度を下げ、それぞれがやるべきことを進めましょう!


LINEでは不満を伝えない(直接会ったときに伝える)


maru54/stock.adobe.com

お付き合いが続いていれば、相手に対する不満はどうしてもでてきます。

ただし「もっとこうしてほしい」と思っても、その気持ちをLINEでは伝えないこと。


LINEで話し合おうとすると、必ずといっていいほど関係をこじらせるケースが多いです。

抱えている不満は、直接会ったときに伝えるのが一番です。


どうしても今すぐ伝えたいと思っても、彼が対応するだけの心の余裕がないなら、そこは彼女として落ち着くのを待つしかありません。

LINEはあくまでも連絡手段であって、話し合うツールとしては向いていないんです。



長続きするためには、LINE上でも距離感を調整することが大切です。

会う頻度も高く、LINEも頻繁にやりとりしている状態では、いつかは疲れてしまいます。


お互いに大人の距離感で、二人なりのLINEルールを設定しておきましょうね♡

TOPICS

ジャンル