top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田孝之、芦田愛菜の初MCに癒され「優しい気持ちになれました」 『映画 山田孝之3D』初日舞台あいさつ

SPICE

『映画 山田孝之3D』が6月17日に公開初日を迎え、TOHOシネマズ 新宿での初日舞台あいさつに主演の山田孝之、メガホンをとった松江哲明監督&山下敦弘監督、同作の発案者であり友情出演の芦田愛菜が登壇した。

『映画 山田孝之3D』は、テレビ東京他で放送されたドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』をきっかけとして、俳優・山田孝之、松江哲明&山下敦弘両監督によって生み出された作品。ドキュメンタリードラマの中では、当初から掲げていた「カンヌ映画祭で賞を獲る」という目標を継続し、最終話(3月24日オンエア)にて、本年度のカンヌ映画祭に「正式応募」を果たしている。


左から、司会をつとめる芦田愛菜、山田孝之、山下敦弘監督、松江哲明監督



初日舞台あいさつでは、芦田愛菜がMCのスペシャルアシスタントとして、舞台挨拶のMCに初挑戦。「司会はいつもと逆の立場なので不思議な気分でした。カミカミですみません(笑)」とこぼす芦田に対し、山田は「優しい気持ちになれました」とコメント。山下監督も「暖かい気持ちになれました」とこぼし、各登壇者の紹介などの芦田の初MCに、癒された様子。

映画公開を迎えた気持ちについて、山田は「本当になんとかして公開を止めようとしたのですが失敗しました(笑)。チャップリンの『独裁者』以来、全国何館でスクリーンが破られるか心配です(笑)」と独特のコメント。

広告の後にも続きます

また、松江監督が、2015年のドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』以来となる、山田との日々をについて、「『山田孝之の東京都北区赤羽』で始まって『山田孝之のカンヌ映画祭』があり、こうして今ドキュメンタリー映画が公開しているのですが、中学校の教室の隅でこそこそしているようなグループがいつの間にか、全校集会で全校生徒の前で立たされているような感じがしています。山田くんとの日々はそんな学校の男子のこそこそした日々のような感じでした」と振り返る。同じく山下監督も「最初は『山田孝之の東京都北区赤羽』の山田くんを記録するところから始まって、『山田孝之のカンヌ映画祭』では実際にカンヌに行き、出品は叶わなかったけれども、今こうして映画がTOHOシネマズで公開していて、本当に色々な所の色々な景色を見せてもらったなと思います」と述懐した。

映画の見どころについて、山下監督は「見所は全部ですが、映画の見方としては、ちゃんと観ないでください(笑)。シンプルな映画ですが情報量が多いので、じっくり見ると頭が疲れると思います。考えることは後回しにして、この映画を感じてください」と解説。また、松江監督は同作が3Dになった理由にも言及。「『山田孝之のカンヌ映画祭』で山田くんと山下くんが別れてしまったことや、山田くんが鹿児島へ帰ってお父さんと向き合ったことなども含めて、これまで山田くんと過ごした3年間を映画にしたいと思ったのですが、山田くんの書いた『実録山田』という本が面白かったので、あの本を読んだ時のような感覚を映像にするなら3Dが合っていると思って3D映画にしました」と明かしている。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル