top_line

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

もっとエンタメ

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで、「油売りから一代でのし上がった」と言われたかつてとは、評価が変わってきた人物でもある。そんな道三を演じるのは、「徳川慶喜」(98)以来、22年ぶりの大河ドラマ出演となる本木雅弘。新たな道三役に込めた思いや、役作りについて語ってくれた。

-斎藤道三の印象は?

 道三を描いた作品としては、司馬遼太郎さんの『国盗り物語』が有名ですが、新しい資料が見つかったことで、近年ではその頃と解釈も変わり、道三が一代で油売りから成り上がったのではなく、父親と親子2代で国盗りをしたというのが通説になっています。ということは、道三自身は武士の子として生まれ、戦のやり方など、武士としての素養を携えて育ち、一国の主になったわけです。当時の武士にとっては、戦をするのが仕事。大名組織を一つの大きな会社に例えるなら、道三は有能な経営者だったと言えるのではないでしょうか。大勢の兵を率いて、勝ちにいく…。それは、かなりの先見性と具体的な戦略を持っていなければできませんから。

-なるほど。

 そういう意味では、単なる「野心の塊」ではなく、革新的ともいえる現実主義者だったのかもしれません。明智光秀や織田信長を見いだす先見性があったわけで、基本的には人間に興味があったはず。それはすなわち、生きることにこだわりや愛情があったということです。だから、ただ単に「怖さ」、「得体の知れなさ」だけでなく、道三なりの人に対する独特な愛情表現があることをにおわせるようにしたいなと。(脚本の)池端(俊策)さんからは、「戦国の人たちは、もっと喜怒哀楽が豊かで、基本的によく泣いた。もっとみずみずしく、濃く生きていたはず」とも聞いていますし。

-池端さんは道三のことを「ケチ」と語っていますが、そのあたりはどんなふうに受け止めていますか。

 台本…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル