top_line

ふとした時に「会いたくなる女性」とは?

日刊ホントの話

ふとした時に「会いたくなる女性」とは?

約束もないまま、ちょっと時間が空いた時、疲れた時、嬉しい時、飲みに行きたい時など、ふとした時に男性が会いたいと思うのはどんな女性なのでしょうか。

 今回は、20~50代の男性達にお話をうかがいながら、ふとした時に男性が「会いたくなる女性」の特徴について探ってみました。

●男性の「ふとした時」って、どんな時?

 まず男性がふとした時に「会いたい」と思うのは、彼女との気合いの入ったデートプランを立てる時や、張り切って憧れの女性をデートに誘う時とは、違う心境なのも理解しておきたいところ。

 男性達によると、女性に会いたくなる「ふとした時」とは、暇で退屈な時、人恋しい時、ひと仕事終わってホッとしたタイミング、落ち込んでいて慰めてもらいたい時、仕事が思ったより早く終わった日、ストレス発散したい時、そんな気持ちの時だということです。

 時間や精神的に余裕ができた時でもあれば、マイナスに気持ちが傾いて弱っている時でもあるのだそう。ですから女性達は、男性の「会いたくなっちゃった」的なお誘いは、そのどちらの時なのかも意識しておくといいかもしれません。

●ふとした時に「会いたくなる女性」の特徴とは。

 では、男性達に聞いた、ふとした時に「会いたくなる女性」の特徴をご紹介します。

1・「女」として意識しなくていい女性
 女として気を遣わず、お互い何でも話せるような気の置けない女性は楽なので、会いたくなる男性は多いようです。仕事や趣味が同じ、また同級生や後輩など、関係性が構築された女性なら気軽に会えるし、男として頑張らなくていいという点が魅力なのだそう。

2・ノリが良く、レスポンスのいい女性
 「今なにしてる?」とラインすれば、「暇、飲みに行こうよ!」と即座に返信があるタイプの女性は、連絡するハードルも低く会いやすいからいい、という声も。面倒や手間が掛からない、話が早い、そんなポイントは「会いたい」にも繋がるようです。

3・飲食が好きで、誘いを断らない女性
 上記の特徴とかぶる部分もありますが、「飲んだり食べたりが好きな女性は一緒に食事して楽しいし、ゴハンに誘いやすく断られにくいので、頭に浮かぶ」という意見も。飲食が好き、という共通点があることで、会ったら楽しいという保証があるからかもしれません。

4・甘えさせてくれる癒し系の女性
 特に落ち込んだり参ったりしている時は、甘えられる女性に会いたくなるもの。「年上の女友達は”ネエさん”という雰囲気なので、弱味も見せられるし甘えられるから弱った時はつい思い出す」という男性も。雰囲気はアネゴ系の女性でも、受け止めてくれる懐の深さに男性は癒されるもののよう。

5・ポジティブで明るい元気な女性
 会うと元気をもらえるような前向きな女性は、男性に「会いたい」と思われるよう。逆にグチが多く、ネガティブなタイプは、「自分のメンタルに余裕がある時しか会いたくない」という男性も。おもしろい女性、というのも同じように人気がありました。

6・話を聞いてくれるタイプの女性
 ちょっと時間ができたり、一息つきたい時に「自分の話ばかりするような女性は絶対会いたくない」という男性が多数。特に疲れていたりストレスが溜まっている時は「勝手ですが、うなずいたり相槌だけでもいいから、話を聞く側に回ってくれる女性に会いたくなる」という声が。

●「会いたい」の本質を見極め、都合のいい女を回避するには?

 上記のような男性陣の声をまとめてみると、ふとした時に会いたくなる女性の特徴には2つの傾向があるようです。

 まず1つ目は、「会ったら楽しい、気楽に会えるのが約束されている女性」。付き合っているかどうかに関わらず、気負わずに一緒にいられることが分かっているという前提付きの女性とも言えます。ですから、たとえ「女」として見られていない友達や仲間のひとりであっても、そこを突き詰めれば男性にとって「会いたい」女性になれることも。ふとした時の誘いを恋愛のチャンスにすることもできそうです。

 そして2つ目は「自分に合わせてくれる、断らない女性」。断られたくない男性は意外と多く、会いたい時に会ってくれる安心感があるからこそ思い出す女性です。しかし下手をすると「都合のいい女」になってしまう可能性があるのも怖いところ。誘いやすい、断られにくい、というのは会うハードルが低いものの、敢えて男性が頑張る必要がなくなってしまい、都合良く扱われてしまうこともありがちです。

 いずれにしても、男性のふとした時の「会いたい」は、ある意味気まぐれ。もしその時に都合がつかずに会えないとしても、改めて別の日に会う話を振ってみるというのもオススメです。本当に「会いたい」のか、単なる暇つぶしの「都合のいい女」なのかを見極めるポイントになるのではないでしょうか。

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル