top_line

知らずに食べているかもしれない『遺伝子組み換え食品』…危険性から守る方法

ママテナ

知らずに食べているかもしれない『遺伝子組み換え食品』…危険性から守る方法(C)ママテナ 研究技術の進化により生まれた遺伝子組み換え食品。
安全性が問題視される遺伝子組み換え食品の背景と、危険性から守る方法をまとめました。

遺伝子組み換え植物を食べた虫が死ぬ

日本人の食卓に欠かせない食品といえば、大豆製品。醤油、味噌、豆腐、納豆など、お世話にならない日はないというほど。

昨今では、大豆に含まれる成分「イソフラボン」が女性ホルモン様の作用を持つことで、積極的にとっている女性も多いのではないでしょうか。

そんな大豆製品をスーパーで買うときに目につくのが「遺伝子組み換え食品は使っていません」という表示です。

遺伝子組み換え食品のことをくわしく知らなくても、なんとなく不安を感じて、買うのを控えている人も多いようです。

そこで、まず遺伝子組み換え食品とは何かについてご紹介します。

遺伝子組み換え食品とは、人が意図的に植物の遺伝子を組み換えて作り出したもの。

遺伝子の一部を変えることによって、育てやすいような植物を作っています。たとえば、植物に動物の遺伝子を加えることも可能です。

つまり、自然界では決して生まれることのない特殊な植物を作っていると考えられます。

遺伝子組み換え製品のメリットは、農薬に耐性を持っていたり、虫を殺す遺伝子組み換え植物を作ることで、農薬の使用量を減らせるということがあります。

例えば、農薬に強い遺伝子組み換え植物は、畑に農薬をまくと雑草だけが枯れ、遺伝子組み換え植物は残ります。

また、虫を殺す遺伝子組み換え植物は、虫がその植物を食べると死ぬため、農薬が不要になります。

農薬をまかなくていい分、手間が減るので、大量に簡単に植物が育てられ、低価格で販売できます。

ただし、新しく登場した技術のため、長期的に食べ続けた場合どうなるかという研究が不十分です。

遺伝子組み換え植物を発明した会社は、安全性をアピールしていますが、そのほかの研究機関が行ったマウスでの実験では、発がん性や内臓への悪影響などが問題視されています。

「遺伝子組み換えでない」と記載があっても含有

現在、日本では出荷用に遺伝子組み換え植物は作られていません。

そのため、国産の原料であれば、遺伝子組み換え植物は含まれていないと考えてよさそうです。

しかし、大豆製品が「遺伝子組み換えでない」をアピールするのは、大豆の9割以上が輸入に頼っているからです。

さらに、遺伝子組み換え植物の配合が5%以下なら「遺伝子組み換えでない」と表示できるという、あいまいなルールも不安なところです。

さらに気をつけたいのが、知らずに食べている遺伝子組み換え食品。少量であれば表示義務がないので、ラベルに記載もされません。

遺伝子組み換え植物が使われている可能性が高いのが、下記の食べ物です。

<遺伝子組み換え植物が使われている可能性が高いもの>

サラダ油、植物油、マヨネーズ、お菓子類、醤油、味噌、納豆、豆腐、コーンシロップ、果糖、ぶどう糖、水飴、醸造酢、みりん風調味料、など。

遺伝子組み換え植物は安いので、加工食品やお弁当、低価格を売りにする居酒屋などでも使われている可能性があります。

また、遺伝子組み換え植物で多いのが、家畜用に大量生産されている大豆とトウモロコシ。

肉や卵、牛乳などは、家畜が遺伝子組み換え植物を含む飼料を食べているものも多数あります。

ただし、肉や牛乳になった段階では、遺伝子組み換えにより作り出されたタンパク質が食材の中に残っていないため、表示義務がなく、スーパーで判断するのは不可能です。

いまできる安全策としては、できるだけ国産の食材を選び、自宅で調理することだと考えられます。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと



TOPICS

ジャンル