top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

下地で透明感をアップ!ブルベ×暖色服をくすませないメイク

つやプラ

自分のパーソナルカラーと違う色の服を着ると、肌がくすんで見えたり血色が悪く感じますよね。

ヘアメイクやコスメコンシェルジュインストラクターのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、パーソナルカラーと違う色を着る時のメイク術をご紹介します。

■ブルーベース肌の特徴

肌に青みがあるブルーベース肌の方は寒色系の色が合いますが、暖色系の服を着ると急に顔がくすんだり、血色が悪く見える場合があります。

■パーソナルカラーと違う色を着たい時に使うメイク術〜ブルーベース肌編〜

広告の後にも続きます

ベースメイク

ブルーベース肌の方がパーソナルカラーと違う色の服を着ると肌がくすみやすくなるので、ファンデーション前に紫や青のコントロールカラーを使って透明感を出すことがおすすめです。

クマ部分にオレンジのコンシーラーを使うと逆にくすみを助長してしまうので、黄色みが少ないベージュ系のものを使うとクマを自然にカバーしてくれます。

コンシーラー単品だとうまく馴染みづらい時は、お使いのファンデーションとコンシーラーを1:2の割合で混ぜて使うことがおすすめです。

アイシャドウ

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル