top_line

ピアニスト・反田恭平プロデュース「MLMナショナル管弦楽団」新アルバムが7月にリリース&先行配信をスタート

music.jp

ピアニスト・反田恭平プロデュース「MLMナショナル管弦楽団」新アルバムが7月にリリース&先行配信をスタート(C)music.jp ピアニスト・反田恭平がプロデュースする「MLMナショナル管弦楽団」は、新アルバム『反田恭平 MLMナショナル管弦楽団2019』を7月3日(金)にリリースします。
また、リリースに先駆けて、2月14日(金)より収録曲の一部を7月までの毎月、先行配信することが決定しました。

本アルバムは、室内楽のイメージを一新した昨夏のMLMナショナル管弦楽団のデビュー・コンサート・ツアーのライブ録音「ベートーヴェン:ピアノと管弦楽のためのロマンス第2番 ヘ長調 Op.50」を中心に、当日会場限定で販売された「500円CD」の中から選りすぐりの楽曲たちを収録。各メンバーおよび楽器紹介を兼ねた「500円CD」は、サントリーホールでは一晩で通算2000枚を超える枚数を売り上げ、各会場で完売が続出したため、この度、ファンの皆様からの声にお応えした待望のリリースとなりました。

本アルバムにおいて反田恭平は、「ベートーヴェン:ピアノと管弦楽のためのロマンス」では指揮を、また「500円CD」から選ばれた楽曲では全曲ピアノ伴奏を担当。”MLM”という名前には、「Молодые люди, которые любят музыку(ロシア語)=音楽を愛する青年たち」の意味が込められており、メンバーそれぞれが心から音楽を愛し、楽しむ様子が存分に収録されたアルバムとなっています。

また「MLMナショナル管弦楽団」は、7月に浜離宮朝日ホールで3日間コンサートを行うほか、全国5カ所をまわるツアーも開催予定。室内楽の魅力がより味わえるさまざまな企画が進行中です。2020年も「MLMナショナル管弦楽団」の活動にご注目ください。

アルバム情報
【タイトル】反田恭平 MLMナショナル管弦楽団2019
【商品コード】NRS-2001
【レーベル】NOVA Record
【発売日】2020年7月3日(金)
※2月14日(金)より、Spotify、Apple Musicをはじめ、各音楽配信サービスにて先行配信開始

【収録楽曲】曲目/アーティスト(ピアノはすべて反田恭平)/先行配信日

コンサート情報
■マラソンコンサート
東京:浜離宮朝日ホール
2020年7月8日(水)11:00〜21:00
*MLMメンバー13名によるリサイタルシリーズ
ピアノ:反田恭平、務川慧悟

■キッズコンサート
東京:浜離宮朝日ホール
2020年7月9日(木)13:00
*0歳から入れるコンサート

■反田恭平 MLMナショナル管弦楽団コンサート
東京:浜離宮朝日ホール
2020年7月9日(木)19:00
*5歳〜25歳までは無料

■反田恭平 MLMナショナル管弦楽団コンサート
東京:浜離宮朝日ホール
2020年7月10日(金)19:00

特別協賛:DMG森精機株式会社
企画制作:NEXUS

【反田恭平 指揮・ピアノ】

高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。現在はショパン音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)に在学。2015年イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。年末には「ロシア国際音楽祭」にてマリインスキー劇場デビューを果たす。2016年のデビュー・リサイタルで圧倒的な演奏で観客を魅了し、今もっともチケットがとりにくいピアニストといわれている。2019年のシーズンは「NOVA Record」を立ち上げたり室内楽をプロデュースするなど等演奏活動以外にも活躍の場を広げている。
最新CD:「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番/ピアノ・ソナタ第2番」
2017年「第27回出光音楽賞」受賞、 CDショップ大賞「クラシック賞」受賞。
オフィシャルHP 

http://kyoheisorita.com/



MLMナショナル管弦楽団】

ピアニスト反田恭平がプロデュースし、同世代のソリストとしても活躍する実力派アーティストに声をかけ立ち上げたアンサンブル。2018年「MLMダブル・カルテット」として旗揚げ公演で東京・埼玉、3会場で約4千人を動員。2019年、「MLMナショナル管弦楽団」として管楽器を加え再編成してコンサートツアーを5公演行い、東京・サントリーホールで行われた公演では2000席が完売したことをはじめ、各地室内楽では異例の動員数を記録した。この公演では各楽器の特性や音色、またメンバー個々人の顔が見えるようにCDを制作。その為にレーベルを立ち上げ、第1弾として会場限定のCDを500円で販売。サントリーホールのライブ録音は公演終了後の配信をしており、若い世代の聴衆も注目している。2020年のシーズンは、前回から1年、さらに各々磨きをかけたメンバーたちと、べートーヴェンイヤーにふさわしい楽曲で臨み、アンサンブルの新しい魅力の開拓に挑戦していく。“MLM”の由来は“Молодые люди, которые любят музыку” (ロシア語)、「音楽を愛する青年たち」。
2019年楽曲配信:「モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453」。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル