top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

まるで猫版学級給食のよう。バリ島の保護施設で2列に並んで一斉にご飯を食べる猫たち

カラパイア

top

 ずらりと並んだたくさんのお皿。そこに次々現れて、それぞれ並んでランチをいただく数十匹の猫。こちらはインドネシアのバリ島で暮らす保護猫たちのお食事シーンだ。

 かつて飼い猫だった猫たちが大半を占める施設では、こんなのどかな風景が毎日繰り広げられているようだ。

 全員にいきわたるよう丁寧に分けられたお皿で食べる様子はまるで学校給食のよう。仲良く並んで舌鼓を打つ猫たちの会話が聞こえてきそうなほほえましい動画に癒されてみよう。

Rescue Cats Line Up For Their Dinner In Bali

猫たちの給食?バリ島の保護施設ののどかな風景

 この映像は昨年12月14日にインドネシアのバリ島にある動物保護施設Pon Cat Houseで撮影された猫たちの給食のようなお食事シーン。

 ずらりと並んだ数十枚のお皿、 そこに猫が次々やってきた

1

 それぞれの席が決まってるのか、ほとんどの猫はおとなしく食事を開始。
しかし中には仲間のお皿が気になる黒猫も…

2

 スタッフに抱えられ空席に運ばれても
仲良しの猫でもいるのかあたりをぶらつく黒猫

 でもみんなほんとおとなしくってほのぼのしちゃうな

3

 現地在住のトゥティ・ソエプラプティさん所有するこの施設では、島内の有名な観光地をさまよう猫たちを保護している。

安易な養子縁組ではなくふさわしい飼い主を

 6年前から活動を始めた施設には104匹の猫たちが暮らしているが、これだけの大所帯では人手が足らないため、地元のボランティアや観光ボランティアがお世話を手伝っている。

 多くの保護施設は猫たちの準備が整い次第、新たな引き取り手を探す。だがトエティさんは安易な養子縁組で猫を手放したくないと語る。

 

私たちはここにいる猫たちの安全が確信できる手続きを模索しています。それが見つかるまでは販売も養子縁組もしません。

 私たちが求めるのは、私たちと同じくらいの愛情をもって猫をお世話する安全な飼い主です

 トエティさんによると、ここにいる猫たちのほとんどが飼い主に捨てられた猫だという。そこで今後は、新たな引き取り手が猫の飼い主にふさわしいかどうか確認する必要がある、と語る。

信頼できる飼い主を見つける手段を検討中

 インドネシアを含む東南アジアの大都市では、行き場のない動物をめぐる問題が深刻化する地域も多い。

 一度は家族に迎えたはずの猫を無責任に捨てる飼い主に心を痛め、保護猫の幸せを何よりも願うトエティさん。

 心から猫を愛し、きちんとお世話する飼い主ばかりならいいのだが、刹那的にかわいがるだけですぐに路上に放置したり、お世話が面倒になり無下に扱う人がいるからこそ、新たな飼い主探しは慎重にならざるを得ない。

 信用できる飼い主を見つけるにはどうするべきか?難しい課題に直面するPon Cat Houseは、猫たちにおいしい食事をふるまいながら最良の手段を検討中だ。

 だが猫想いの彼らなら必ずや良い方法を見つけることだろう。それは今日明日のことではないかもしれないが、ここにいるたくさんの猫たちの新たな猫生がどうか素晴らしいものになりますように。

 References:youtubeなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル