top_line

永田雅一オーナーの悲願、巨人─ロッテの日本シリーズなるか/週ベ回顧

週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

荒川の異様な帰国風景



表紙は近鉄・太田幸司


 今回は『1970年8月24日特大号』。定価は90円。

 パはロッテが独走、セはおそらく巨人。早くも巻頭記事ではロッテ─巨人の日本シリーズを占っている。
 ロッテサイドからのポイントは7月末時点で29本塁打の王貞治をどう攻略するか、だ。
 王、長嶋茂雄のコース別打率が出ていた。この時代では珍しいので掲載しておく(7月末日)。

 王
 内角
 高め.550、真ん中.424、低め.124。
 真ん中
 高め.438、真ん中.545、低め.261。
 外角
 高め.250、真ん中.250、低め.143。
    
 王自身は「僕がいくら打っても、ちょうどホームプレートを立てたような形しか打てない(下側の両端が欠ける)。両サイドの低めは本当に打てないものだねえ」と話していた。

 長嶋
 内角
 高め.389、真ん中.370、低め.133。
 真ん中
 高め.423、真ん中.625、低め.333。
 外角
 高め.188、真ん中.185、低め.159。
 
 この成績を見ると外角はまったく打てていないが、前年の成績は、
 高め.324、真ん中.333、低め.141
 と低め以外は悪くない。

 誰がデータを取ったかは書いてないが、よく調べたものだ。

 ロッテ独走で「舌口調」になりそうな永田雅一オーナーだが、顔色があまりよくない。実は「食欲があるのに体重が減る」ということで検査を受けると、胃に小さな影があったらしい。

 それでも対巨人の日本シリーズは楽しみでたまらない。
「大洋よりお客さんは入るだろう」
 とニコニコだ。前回60年の優勝の相手は大洋だったが、4連敗であっけなく散った。翌年のキャンプで永田は選手たちに「私を男にしてくれ!」と叫んだという。

 あれから10年優勝から遠ざかった。私財をなげうったとも言われる東京スタジアムはできたが、社業が傾き、球団名もロッテと変わった。
 ただ、だからこそ永田の球団への愛は深くなる。

 東京球場の試合にはできる限り足を運んだ。「わしが来ると勝つ」という信念があるからだ。
 タイムスケジュールはほぼ同じだ。試合開始1時間前に球場に到着。会長室で一息を入れ、ロッカールームで選手を激励し、球団幹部室へ。ここにまつってある日蓮さまの神棚の2本のローソクを立て、灯をつけると、かしわ手を打って必勝祈願。
 試合中はネット裏の幹部室で見守り、打席に聞こえるほどの大声で悔しがったり、喜んだりする。そしてチームが勝つとロッカーに姿を現し、「よー、ご苦労」から始まり、選手を祝福。さらに報道陣に向かって永田節をまくしたてる。
 これほど熱心なオーナーもいないだろう。

 7月22日には大洋から1位指名されながら拒否し、アメリカ留学をしていた荒川堯が帰国。メジャーの練習参加がうまくいかず、昼間はなぜかボクシングジムでトレーニングをし、ホームステイ先で素振り、壁に球をぶつけるだけだった。
 ただ、50試合以上ドジャースの試合を観戦し、選手たちとも交流。なかなか楽しかったようだ。

 荒川の日本での帰国風景が物議を醸した。羽田空港には義父の荒川博・巨人コーチ夫妻だけでなく、王、黒江、末次、新人の小坂、阿野(2人は早大同期)が出迎えた。
 在京チームのスカウトは怒りの表情で言う。
「あれは完全な演出ですよ。もう巨人に決まったといわんばかり。あれが許せない。新聞を読んだ人もそんなもんかと思い込んでしまうじゃないか。まあ、逆にファイトがわいたけどね」

 では、また月曜に。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル