top_line

清水くるみ、胃がんに侵される女性役で『アライブ』出演「少しでも前向きな気持ちになっていただけたら」

テレビドガッチ


清水くるみが、2月13日に放送される松下奈緒が主演の木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第6話に出演。清水はステージ3の胃がんが見つかる27歳の女性、土方絵麻(ひじかた・えま)を演じる。

日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の恩田心(松下)と外科医の梶山薫(木村佳乃)という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼(清原翔)、同じく研修医の夏樹奈海(岡崎紗絵)、腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)、腫瘍内科部長の阿久津晃(木下ほうか)ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かいメディカル・ヒューマンドラマ。

検査結果を聞くために心の元を訪れた絵麻と、父・徳介(ベンガル)と母・律子(宮田早苗)。大切な一人娘がステージ3の胃がんであることを知り、絵麻以上に動揺する両親。心は抗がん剤治療をしてから手術を行う治療方針を提案するが、徳介は反対する。自分の母親をがんで亡くしたトラウマ(心的外傷)から抗がん剤治療に拒否反応を持っているのだ。心や律子に説得されるも納得していない様子の徳介だが、絵麻の「私、頑張るから」の言葉に渋々うなずく。

しかし、抗がん剤治療の初日。治療を始めようとする矢先、徳介が「娘に毒を入れるな!」と声を荒らげながら化学療法室へやってくる。止めようとする心を突き飛ばしてしまう徳介。興奮する父の姿を見て、絵麻は思わず「私が悪いの。親より先に病気になるなんて、ごめんなさい……」ともらす。その後、絵麻は抗がん剤治療をやめて徳介の薦める民間治療を始めようとする。心は「抗がん剤治療の誤解を解きたい」と標準治療についての資料をまとめ、徳介を説得しようと試みるが……。

清水は2007年、芸能事務所アミューズの30周年全国オーディションで6万5368人の応募者のなかからグランプリに選ばれ、翌年から女優として活動し、ドラマ、映画、舞台など多方面で活躍。今年6月に上演されるミュージカル『ヘアスプレー』では主演も渡辺直美の親友役を演じるなど、映像・舞台にかかわらず活躍中の実力派女優だ。今回は、一人娘として大切に育てられ両親の期待に応えてきたが自分の病気で両親を悲しませたくないという思いが強いあまり、がんを患っていながらも親の希望を受け入れようと懸命な絵麻の姿を繊細かつ丁寧に演じる。

<清水くるみ コメント>
――出演が決まった際の心境について。

『She』(フジテレビ/2015年)でご一緒させていただいた太田(大)プロデューサーから今回オファーをいただいて、木曜劇場、そしてフジテレビゴールデンプライム帯の連続ドラマに出演することができてとてもうれしいです。『アライブ』は家族で注目して見ていました。がんの闘病を経験した人が身近にいたので、人ごとではなかったんです。今回は自分自身が胃がんの設定ですが、両親の気持ちも共感できます。

――土方絵麻という役柄について。

今回の土方家のように、当の本人は「頑張らなきゃ!」と思っている中、周囲の人間のほうが落ち込んでしまうケースは多いのではないかと思います。以前、ポジティブな気持ちは体調にも良い効果をもたらすと聞いたことがありますが、そういうことを意識されている患者さんも多いのではないでしょうか。絵麻は両親の動揺する姿を見て周りに「迷惑かけちゃいけない」と感じて、家族の中でいちばんしっかりしています。

――視聴者へメッセージ。

自分自身、身近な人が闘病していたとき、実は小林麻央さんのブログを読んですごく元気づけられていました。このドラマもそういう存在なのかなと思います。ご覧いただいて、少しでも前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル