top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

優勝に驚いた「歴代M-1王者」3位 ミルクボーイ 1位は…

JOOKEY

まさに番狂わせな優勝!? 今回は、10~40代の男女を対象に「優勝したことに驚く「歴代M-1チャンピオン」 」を聞いてみました!

■質問内容

優勝したことに驚く「歴代M-1チャンピオン」はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:とろサーモン(2017年) 25.0%
2位:トレンディエンジェル(2015年) 19.0%
3位:パンクブーブー(2009年) 16.0%
3位:ミルクボーイ(2019年) 16.0%
5位:ますだおかだ(2002年) 15.0%
6位:笑い飯(2010年) 13.0%
7位:中川家(2001年) 10.0%
7位:銀シャリ(2016年) 10.0%
9位:霜降り明星(2018年) 8.0%
10位:NON STYLE(2008年) 7.0%

●1位! とろサーモン(2017年)!

1位は、とろサーモン(2017年)さんでした!

村田秀亮さんと久保田和靖さんから成るコンビである「とろサーモン」。

久保田さんのボケはそのいい加減さが大きな持ち味。コント・漫才のいずれにも対応できる実力を持ちます。

なお、久保田さんと言えば、ネットでの生配信番組にて、M-1の審査員であった上沼恵美子さんの審査方法などを批判。炎上する騒ぎとなりました。少なくとも優勝する前にこのような批判をしていたら、彼らの優勝はなかったのでは…と見るお笑いファンもゼロではないようですね。

●2位! トレンディエンジェル(2015年)!

2位は、トレンディエンジェル(2015年)さんでした!

.共に頭髪が薄い須藤敬志(たかし)さんと斎藤司さんによるコンビである「トレンディエンジェル」。

少々ナルシストでコミカルな齋藤さんと、絶妙な間合いといじりで攻めるたかしさんが、独特な空気感を作り出します。

彼らのネタには自虐ネタが含まれているため「実力はあるけど、まさか優勝までいくなんて」と驚いたファンもいたようです。

●3位! 2つのお笑いコンビがランクイン!

3位は、パンクブーブーとミルクボーイでした!

パンクブーブーは佐藤哲夫さんと黒瀬純さんから成るコンビ。テンポが良い正統派漫才を披露していますが、実は当時の大手スポンサーがカー用品店のオートバックス。パンクブーブーというコンビ名は少々そぐわないのでは…との懸念もありましたが、見事グランプリを勝ち取りました(笑)

ミルクボーイは、駒場孝さんと内海崇さんから成るコンビ。2019年のM-1グランプリは彼らのテレビ初出演であったにも関わらず、審査員の7人中6人の投票という圧倒的な評価で優勝を果たしました。

■番狂わせのドラマ!

いかがでしたか。今回は、優勝したことに驚く「歴代M-1チャンピオン」 が多数ランクインしました。優勝候補が早々に去ることもあれば、逆にあまり注目されていないコンビが上位に食い込むことも。まさにM-1は、番狂わせの人間ドラマと言えるでしょう!

(HORANE調べ  2020年1月 調査対象:10~40代の男女)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル