top_line

北村有起哉、中村倫也らとの共演に「ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思う」

テレビドガッチ


中村倫也が主演を務める4月期日曜ドラマ『美食探偵―明智五郎―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)に、北村有起哉がレギュラー出演。中村演じる明智五郎にコンプレックスを抱きまくる、ちょっと残念な警視庁のベテラン警部役を演じることが分かった。

原作は、『海月姫』『主に泣いてます』(フジテレビ系)、『偽装不倫』(日本テレビ系)など数々のヒットを連発し、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)ではアラサー女性を共感の嵐に巻き込んだ、東村アキコが手掛ける初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」(集英社「ココハナ」連載)。脚本は田辺茂範、演出は菅原伸太郎、水野格らが務める。

本作は、容姿端麗だが、超超変わり者の美食家探偵・明智が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

これまで、明智に助手扱いされ様々な事件に巻き込まれる移動弁当屋・小林苺を小芝風花、明智と出会い、殺人鬼へと変貌する美女の自称“マグダラのマリア”を小池栄子が演じることが発表されている。

そして今回出演が決まった北村が演じるのは、明智を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまう警視庁のベテラン警部・上遠野役。明智に頼んで、月イチの食事会「東京美食倶楽部」に入れてもらったものの、グルメにはからきし弱く、東京で長年刑事の仕事をしているのに、未だにバリバリの土佐弁で話すといったキャラクターだ。ダークな殺人事件を描く本ドラマの中で、土佐弁を駆使した上遠野と明智との丁々発止のやりとりは、笑って楽しめる見どころのひとつになるという。

なお、番組公式ツイッター(@bishoku_ntv) では、番組アカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートした方の中から抽選で2名に、北村のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンが実施される。

<北村有起哉 コメント>
――役柄についてお聞かせください。

まだ役柄を完全につかみ切れてはいないのですが、実はつかむ必要もないかな……と(笑)。というのは、その時の直感やノリ、空気で何が生まれるかという撮影現場での瞬発力を重視して演じたいと思っているので。上遠野の役割としては、頭が切れてちょっと変わった明智というキャラクターをどう引き立てるかが大事。とにかく派手に、賑やかに一緒にお芝居を楽しみたいです。あとは土佐弁が大変です。方言手当が欲しいですね(笑)。

――原作の印象を教えてください。

非常に楽しく読ませて頂きました。女性だけでなく、男性も楽しめる作品だと思います。結構エグイ内容も描かれているので、それをドラマでどう表現していくのか、それも楽しみですね。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

このドラマ、どうなるか想像がつかないなというのが最初の印象です。中村君、小芝さん、小池さんとフレッシュなメンバーが中心なのですが、キャストだけ見て参加させて下さいと決めました。芝居が達者な人ばかりなので、ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思いますし、今のドラマの枠をはみ出すような作品ができるのではないかと思っています。とにかくお芝居を楽しみにして頂きたいですね。

<荻野哲弘プロデューサー コメント>
北村有起哉さんと初めてお仕事をご一緒したのは、3年前の『視覚探偵 日暮旅人』という連続ドラマでした。北村さんに演じていただいたのは、“リッチー”という血も涙もない殺し屋。その役をゾクゾクするほど怖く、それでいて時にユーモラスに演じきった北村さん。何よりも驚いたのは、毎回確実に面白くなるアイデアを現場に持ち込まれること。まさに日本のテレビドラマ界が誇る“足し算”の俳優さんだと思います。この度、上遠野警部役を演じていただくに当たりお願いしたのは、“リッチー”とは真逆で、主人公へのコンプレックスに苛まれた土佐弁バリバリの叩き上げ刑事を、笑えるように演じきって下さい、ということ。既に撮影現場では、北村さんの演じる度に変化していくお芝居に、爆笑の渦が巻き起こっています。なので私は決めました。上遠野警部で号泣できる回を作ろうと。どの回でそれが見られるのか、ご期待下さい!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル