top_line

乃木坂46白石麻衣、大好きな芸人との初麻雀に感激!卒業後の恋愛観も明かす

テレビドガッチ


先日卒業を発表した乃木坂46の白石麻衣が、2月11日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系、毎週火曜24:15~)に出演。自身の結婚観や卒業のタイミングについて胸中を明かした。

バナナマン(設楽統、日村勇紀)がゲストの気になるところ3か所を車で巡る同番組。今回は、デビュー当時から『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で共演している設楽と日村に「感謝スリー」と題して、恩返しをする3か所をめぐることになった。

『乃木坂工事中』番組立ち上げの頃からいたメンバーだっただけに、設楽は「『白石がいなくなったら俺らもやめようか』って言っていたのよ」とボケつつも、本音を言えば、もっと前に卒業すると思っていた……とコメント。白石も「私も思っていました」と同調し、25歳(現在27歳)という区切りのいい年で、卒業を意識し始めたと語る。しかし、その間にも様々なメンバーが乃木坂を巣立っていたため「まだいなきゃなって逆に思っちゃって」と当時の思いを告白した。

卒業後の活動について話が及ぶと「女優一本ではなく、音楽も好きなので、歌もやりたいな」と吐露。さらに、作詞にも挑戦したいと言い、マルチに活動していきたい旨を述べた。普段白石が聴くのは洋楽。ニーヨやアッシャーが好きだと明かし「洋楽のノリやメロディが好きなんです」と好みを語った。車内では、3人でDREAMS COME TRUEの「うれしい!たのしい!大好き!」やケツメイシの「さくら」などを熱唱。大盛り上がりとなった。

卒業後は恋愛解禁となるが、設楽が「バンバン男遊びする?」と問いかけると「しないです!」と大笑い。しかし結婚願望はあると言い、昔は20代前半で結婚をしたいと思っていたが、現在は「30代前半くらいにできたら」と希望を述べた。

ほか、行きつけの店でバナナマンにおもてなしをしたり、事前に帽子を買ってプレゼントしたりと恩返しのドライブが続く。最後には、最近ハマっているという麻雀をするため、雀荘へ行くことに。そこには白石が会いたかったという芸人の東京03・飯塚悟志が来店。白石は「悟志さん、大好きなんです」と感激しきりだった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル