top_line

小室さん代理人語る延期2年の進展 問題解決へ「常に積極的」

女性自身

小室さん代理人語る延期2年の進展 問題解決へ「常に積極的」

赤坂御用地の門を出る1台の車を、報道陣が待ち構えていた。窓を開けて会釈をされたのは、秋篠宮家の長女・眞子さまだった。

 

眞子さまが自ら小室圭さんとの結婚延期を発表されてから、丸2年となる2月6日の朝のこと。いつもと同じように、眞子さまは勤務先の博物館へ向かわれた。

 

《昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております》

 

昨年11月、秋篠宮さまは会見でこのようにご発言。ご両親への説明さえ拒まれている眞子さまに国民への“説明責任”を果たすよう、要請されたのだ。

 

「しかし、今年に入って英王室ではヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱が決定したばかり。貴重な発言の機会を得た眞子さまから“皇室離脱宣言”が飛び出すのでは――。そんな推測も飛び交いましたが、2月6日当日はとくに発表はありませんでした。2月23日はご即位後初の天皇誕生日です。その直前にショッキングな発表で世間に波風を立てるわけにはいかないと、眞子さまも自重されたのかもしれません。おそらく眞子さまのお気持ちが明らかになるのは、2月末から3月上旬になるでしょう」(皇室担当記者)

 

秋篠宮家を補佐する宮内庁の加地隆治・皇嗣職大夫も7日の定例記者会見で「(いずれ)何らかの発表があるのだろうとは思っている」との見方を示している。

 

だが、発表の内容はどんなものになるのだろうか? 小室さんの母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルに進展はあったのか? 小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士に話を聞いた。

 

「詳細については今の時点ではお伝えしていませんが、(秋篠宮さまが一昨年の会見で述べられた)『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況』にするために、小室圭さんが常に積極的に関わっている状況は以前と変わりません。小室圭さんは(金銭トラブルの)当事者ではありません。当事者であるお二人のプライベートに関わることなので、小室圭さんの立場でどこまで話してよいのか検討し、これから先、公にすることが必要となれば対応していきます」

 

眞子さまは現在も小室さんと連絡を取り合い、発表する文書の草案を練られているのだろうか――。

 

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル