top_line

田中圭と安田顕が初共演!天才科学者と熱血刑事が謎を追うミステリー『らせんの迷宮』

テレビドガッチ


田中圭が主演を務め、安田顕と共演する新ドラマ『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)が、4月からスタートする。田中は本作がゴールデン帯ドラマ初主演で、安田とは初共演となる。

原作は小学館ビッグコミック増刊号で連載された、作・夏緑、画・菊田洋之の同名コミックで、「DNAは嘘をつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女と共に、難事件や未解決事件を解き明かす姿が描かれる。

テレビ東京系のドラマでは、2013年の深夜ドラマ『ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~』以来、7年ぶりの主演となる田中は、本作で大学のゲノム解析学研究室に所属し、准教授の肩書きを持つDNAの専門家・神保仁(じんぼじん)を演じる。神保は32億ある遺伝子配列を全て記憶している天才科学者で、趣味は個人的なDNAデータベースを作成すること。しかし、DNA研究に没頭するあまり常軌を逸した行動をとることがあり、周りからは変人と思われている。

そんな神保とタッグを組むのが、安田演じる警視庁捜査一課の刑事・安堂源次(あんどうげんじ)だ。神保とは正反対の性格をしている涙もろい直情型の熱血刑事で、変わり者の神保に何かと振り回されるという役どころ。

物語はそんな安堂が神保に捜査の協力を仰ぐところからスタートする。都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生。しかし、かつて自身の妻が被害者となった連続殺人事件と同じ犯人である可能性が高いという理由で、安堂は捜査から外されてしまう。そこで安堂は、捜査本部には内密に、天才科学者の神保へ協力を要請。最初は事件に全く興味を示さず、安堂を振り回してばかりの神保だったが、次第に息も合い始める。そして、2人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかったある痕跡を見つけ出す。そんな中、“殺人鬼X”によるさらなる殺人が起きてしまい……。

難事件を解決に導くミステリードラマとしてはもちろん、DNAやゲノムに関する最新情報を学べる情報ドラマや、捜査の裏にある人間模様を描くヒューマンドラマとしての側面もある本作。初共演の2人がそれぞれの役柄をどのように演じ、どのような物語を紡ぎ上げるのかに注目したい。

田中と安田のコメントも到着。以下に紹介する。

<田中圭 コメント>
台本を読んでワクワクしましたし、これから安田さんをはじめ共演者の皆さまと一緒に、新しいモノを作っていければいいなと思います。金曜20時なので、みんなが楽しく見られるけど、気付いたら集中して夕飯を食べ忘れた……みたいな、のめり込める作品になればいいなと思います。みんなで頑張っていきます! 自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います。皆さま楽しみにしていてください。そして、毎週一緒に事件を解決していってください! よろしくお願いします!

<安田顕 コメント>
刑事役は、いつもワクワクします。安堂という役を現場で楽しみながら、人間味あるよう演じていけたらと思います。田中圭さんとご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です。これまた今から楽しみで仕方ありません。ご覧くださる方々に、楽しんでいただけるドラマをキャスト、スタッフの皆さまと作り上げていけるよう、頑張ります。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル