top_line

女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法

ママテナ

女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法(C)ママテナ お腹が張って苦しかったり、おならをガマンしてつらいと感じることが多いなら、それはガスが溜まっているからかも。
女性がお腹にガスが溜まりやすい理由と、その解消法をご紹介します。

ガスの元は口から飲みこんだ空気

「ポコッと出た下腹」、「お腹の圧迫感」、「おならがでやすい」など、ガスが溜まることで起こる不快症状に悩む女性が多くいます。

実際、20〜50代の女性の約3割がお腹にガスが溜まっていると感じているそう。お腹に溜まったガスのほとんどは、口から飲み込んだ空気です。

人は気づかないうちに、飲食をしながら空気も一緒に飲み込んでいます。

その一部は、ゲップとして口から排出されますが、それ以外は腸に送られます。

特に早食いの傾向がある人は、食事の時に空気もたくさん飲み込んでしまいがちです。

また「副鼻腔炎」、「蓄膿症」などの人は、口呼吸になりがちで、喉に空気が流れ混みやすくなるため、ガスも溜まりやすくなるのです。

女性ホルモンの影響で女性はお腹にガスが溜まりやすい

そして、女性は女性ホルモンの影響で、ガスが溜まりやすいのだとか。

排卵から月経までの半月は、腸が便を送り出すぜん動運動が鈍くなります。

そのため腸に便が溜まりやすくなり、溜まった便がガスを発生させます。

また、炭水化物が好きな女性も注意が必要。

イモ類、パン、ごはんなど、でんぷん質が多い食べ物は、腸内のガスを発生しやすくするのだそう。

ガスが溜まったらおならとして排出すればよいのですが、人前では出しにくいもの。

トイレなどで排出するのだけでは不十分で、日中ガマンし続けていると、なんと腸に穴が開く場合もあります。

女性はお腹にガスが溜まりやすい要素がたくさん。お腹にガスが溜まってきたなと感じたら、こんな方法を試してみましょう。

<お腹に溜まったガスの解消法>

◯ヨガのガス抜きポーズをする

腸内のガスを排出して、腸内環境を整えるのが「ガス抜きのポーズ」。

床に仰向けに寝たら、両ひざを腕でかかえるようにして胸に近づけます。お腹が圧迫されるのを感じるはず。

そのまま、ゆっくり呼吸を10回程度行いましょう。

終わったら足を戻し、仰向けのまま数回呼吸してリラックスします。

◯うつ伏せで寝る

お腹の下に枕やクッションなどを入れて、うつ伏せで寝ます。10分くらいを目安にお腹を圧迫して、おならを出しやすくしましょう。

左右に体を揺さぶるとより効果的。寝る前に、うつ伏せになりながら読書をするなどを習慣にすると、ガスが溜まりにくくなります。

◯腸内環境を整える

ヨーグルトやぬか漬けなどに含まれる乳酸菌や、不溶性・水溶性の食物繊維をバランスよくとって、腸内環境を整えましょう。

食事の量が極端に少ない女性は、便の量が少ないため便秘がちになります。

同時にガスも溜まりやすくなるのです。3食きっちり食べることも心がけて。

◯腹式呼吸をする

ストレスを感じると、腸のぜん動運動が起こりにくくなります。すると便秘になり、ガスがお腹に溜まりやすくなります。

朝起きたとき、腹式呼吸を行ってリラックスし、腸のぜん動運動を促してスッキリ便が出せるような体を目指して。

◯お腹を冷やさない

お腹が冷えると腸内細菌のバランスが悪くなったり、腸のぜん動運動が鈍くなったりします。

夏でも薄手の腹巻をする、素足にならないなど、お腹を含めた下半身を冷やさないようケアを心がけて。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと



TOPICS

ジャンル