top_line

胸キュンと笑いの化学反応!「理系が恋に落ちたので証明してみた。」を解説してみた

UtaTen

胸キュンと笑いの化学反応!「理系が恋に落ちたので証明してみた。」を解説してみた

TOP画像引用元 (Amazon)

君に惹かれる理由に迫る?!大実験理系ラブコメ!


画像引用元 (Amazon)
隣にいるだけで胸の鼓動が速まる。無意識に目で追ってしまう。

人を好きになる感覚は、果たして誰しも同じでしょうか?

突然の告白から始まるこの物語は、他のラブコメアニメとはひと味違います。

この作品の主人公は、理系大学院に通う理数脳の眉目秀麗な男女。

「理論的に好きを証明できなければ、好きとは言えないし、理系としても失格!」

その信念のもと、互いに惹かれあうふたりが恋の定義を見つけだすべく、研究室のメンバーを巻き込みながら日々恋の証明実験を繰り広げていきます。

そうこれは、数値化、相対化しないと恋と認められないウブで不器用な男女達が織りなす、笑いあり胸キュンありの大実験理系ラブコメなのです。

実験を重ねる度にふたりの相性の良さが明らかになり、少しずつ進展する関係に思わずドキドキ。

一度見たら彼らの恋を最後まで”観察”せずにはいられないアニメ作品です。

▲TVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」PV第2弾

胸キュンとツッコミたくなるシチュエーション満載!


『理系が恋に落ちたので証明してみた。』(通称リケ恋)の原作はWebサイト・コミックメテオで好評配信中、累計発行部数85万部を突破した人気漫画です。

2018年9月に『仮面ライダーゴースト』で主演した西銘駿と、実写映画『かぐや様は告らせたい~天才達の恋愛頭脳戦~』の藤原千花役の浅川梨奈のW主演でテレビドラマ化。

2019年2月には同キャストによる実写映画も公開されました。

物語の舞台は、理系の最高学府・彩玉大学。

「私、雪村君のことが好きみたい」

日々研究に没頭していた理工学研究科の大学院生・雪村心夜は、同じ研究室の氷室菖蒲の突然の告白に戸惑います。

しかし、初めての告白に動揺した心夜は、「好きの定義は何だ?」「何を証拠に告白したのか?」と菖蒲に質問してしまうのです。

定義がはっきりしないと気が済まない2人は、自分達の恋愛感情を理系的観点で解き明かすことを決意。

やがて研究室を巻き込む一大プロジェクトに発展していきます。

▲TVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」PV

壁ドンやデートなど、恋にまつわる様々なシチュエーションを心拍数の変化など理系的なアプローチで何度も検証。

「この人たち一体何をしているんだ」とツッコミを入れることもしばしばですが、真面目過ぎるふたりがお似合い過ぎて、その恋路を応援せずにはいられません。

その恋、ふたりは証明できるのか?

ドキドキの連続で目が離せません。

理系用語がたくさん出てきますが、ご心配なく。マスコットキャラクター・リケクマくんによる理系用語解説があるので、誰でも気軽に見ることができます。

個性派揃いのリケダンリケジョ達に注目!

 
画像引用元 (Amazon)
『リケ恋』が、理系でなくても楽しめる理由は、親しみやすいキャラクターにあります。

真面目すぎて不器用な雪村心夜(cv.内田雄馬)は女性に奥手、一見クールビューティーな氷室菖蒲(cv.雨宮天)は心夜のふとした仕草にときめく乙女です。

そんなふたりを見て「バカップル」「早く結婚しろ」とツッコむのが彼らの後輩・奏言葉(cv.原奈津子)。

そのツッコミすら凌駕するリーダーシップと賢さを持ち、片手でゲームしながら他の作業をこなすマイペースな先輩・棘田恵那(cv.大森日雅)。

彼女の幼なじみで、数多の二次元ヒロインにお金と愛を注ぐオタク・犬飼虎輔(cv.福島潤)。


そして、彼らの研究室の主・池田教授(cv.置鮎龍太郎)は、個性派集団を指導するだけあってかなり存在感の強いキャラクターです。

▲「理系が恋に落ちたので証明してみた」CM30秒ver.

どのキャラクターも個性派揃い。

でも不器用だったり、素直になれなかったり、仲間をからかったり、オタクだったり、どこか自分と重なるところが見つかって理系な彼らを身近に感じられるかもしれません。

しかも真面目に実験しているのに、どこかクスッと笑えるシチュエーションが満載。

見ていて飽きることはありません。

彼らがどんな実験を繰り広げ、どんなリアクションで盛り上げてくれるのか毎回楽しみになってきます。

思わず共感したくなる胸キュンOP「PARADOX」





オープニングテーマ『PARADOX』を歌うのは、氷室菖蒲役の声優・雨宮天。

『七つの大罪』のヒロイン・エリザベスや『この素晴らしき世界に祝福を!』の駄女神様ことアクアなど、正統派ヒロインからおバカキャラまで多彩なキャラクターを演じる人気実力派声優です。

2014年に彼女が初めてヒロイン役を掴んだアニメ『一週間フレンズ』のEDでは、スキマスイッチの『奏』をカバーしました。

透明感のあるキュートな歌声が話題になり、現在もアーティストとして活動中で声優の麻倉もも、夏川椎菜とともにユニットTrySailとしても活動しています。

▲雨宮天『PARADOX』Music Video(short ver.)

彼女の10枚目のシングルとなる『PARADOX』は、キュートな歌声が耳に残るラブソングです。

MVでは、パーカー姿で自然体の雨宮天がカメラ目線で歌う姿がかわいい、ドキドキすると話題になっています。

また、リケジョらしいクールな白衣姿だったり、清楚な白いワンピース姿で絵を描いていたりと様々な表情を魅せていて、純真な彼女の美しさに引き込まれそうです。

そして歌詞には『リケ恋』らしい仕掛けが。

理系用語が随所に用いられており、絶妙なニュアンスとボーカルで思わず胸がキュンとしてしまうチャーミングな楽曲に仕上がっています。

▲TVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」OPムービートレーラー

アニメのオープニング映像も、理系らしい数式やコンピューターを使った演出が素敵です。

好きなのに“恋”だと断定できない菖蒲と心夜の距離感が数式によるモヤやノイズで表現されていて、そのもどかしい気持ちに共感したくなりますね。

サビ前に恋愛シミュレーションゲーム風の画面が流れ込む演出は、笑いあり、微笑ましいシーンありで一時停止してじっくり見たいと思えるクオリティです。

サビでは不器用な心夜と菖蒲が手を繋いだり、いじりいじられる関係の恵那と虎輔の幼なじみコンビがお姫様だっこしている映像に、思わず胸がときめきます。

まさにこれが見たいと思える演出!

作品の魅力がぎゅっと詰まった主題歌ですね。

最強最高のコラボ、ハマらずにはいられないED!





エンディングテーマ『チューリングラブfeat.Sou』を歌うのは、ナナヲアカリ。

インディーズ時代に人気ボカロP・Neruらとコラボした楽曲『ハッピーになりたい』が話題になり、2018年にメジャーデビュー。

記念すべきデビュー曲は、アニメ『ハッピーシュガーライフ』の主題歌に採用されました。

『チューリングラブfeat.Sou』の作曲は、昭和の人気アイドル、ピンク・レディーの最新曲『メテオ』を手がけた人気ボカロP・ナユタン星人。

さらに今回は、『右に曲ガール』『思春期少年少女』など数々の人気楽曲を歌い、ワンマンライブも行ってきた人気歌い手・Souをゲストボーカルに迎えています。

2019年11月27日、Souがナナヲアカリが歌う『リケ恋』のエンディングテーマに参加すること、そして作曲がナユタン星人であることを発表したツイートは、2100件以上のリツイート、1.6万件のいいねが寄せられるほど大反響。

発売前から期待の声が寄せられています。

▲TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』EDムービートレーラー

ナナヲアカリの元気溢れるキュートな歌声と、Souの甘く爽やかな歌声がリズミカルに掛け合い、見事にシンクロているこの楽曲は、最強にして最高のコラボレーション!

まるで、菖蒲と心夜の心の様子を歌っているようです。

エンディングアニメ映像も、離れたところで互いを思う菖蒲と心夜が描かれていたり、原作コミックの表紙や扉絵をアニメで再現していたり、研究室のメンバー達の何気ない日常が盛り込まれていたりと見応えたっぷり。

キャラクターそれぞれの魅力が感じられるこの映像を見たら、、恋愛実験に挑む理系な彼らを、応援せずにはいられません。

番組の最後までときめく気持ちに浸らせてくれるエンディングテーマです。

Q.E.Dまで見逃せない「リケ恋」の行方!


画像引用元 (Amazon)
アニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』は、胸キュンな展開とツッコミどころ満載の台詞に思わず笑みがこぼれる作品です。

原作ファンの方もアニメで初めて知る方も、理系の方も文系の方もみんなが楽しめる作品になっており、そして誰もが純粋に菖蒲と心夜の恋を応援したくなるでしょう。

テレビアニメは、2020年1月からTOKYO MX、BS11、AT-Xなどで好評放送中です。

映らない地域の方や来週まで待てない方はAmazonプライムビデオで全話同時配信中ですので、ぜひご覧ください。

原作漫画の方も理系用語の解説がとても丁寧で、名シーンをじっくり味わって読むことができます。

1話と最新話はコミックメテオのサイトで無料で読むこともできます。

理系のプライドを賭けた恋の証明の結末、最高にキュンとなる両想いの瞬間をその目で見届けてくださいね。


TEXT Asakura Mika

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル