top_line

老化防止には体幹力が必須! あなたの体幹力を今すぐチェック

ママテナ

老化防止には体幹力が必須! あなたの体幹力を今すぐチェック(C)ママテナ 動くのがおっくうだったり、つまずくことが多くなったりしていませんか? それは老化のはじまりです!
老化防止に必須の体幹力を、まずはチェックして。

ハイヒールをはけない人は体幹力が弱い

「体幹」という言葉、かつては、アスリートに必要な筋肉という印象でした。

しかし、体の健康を保つために必要であることが、広く知られるようになりました。

小柄な体格ながら世界レベルのプレイヤーと互角に戦う、サッカー日本代表の長友選手が出した「体幹トレーニング」の本も評判になりました。

そもそも体幹とは、胴体の部分のことで「体幹を鍛える」と表現する場合には、お腹まわりの筋肉を鍛えることになります。

胴体部分の筋肉は人が生活する上で欠かせないもので、歩いたり、姿勢をキープしたりするほか、呼吸することにも体幹の筋肉を使います。

ここが弱ると老化にも直結することに。いつまでも若々しい体をキープするために重要なポイントなのです。

でもなかなか、意識するのが難しいのが体幹。

まずは、セルフチェックであなたの体幹力がどれくらいか確認してみましょう。

<セルフ体幹力チェック1>

下記にあてはまる項目はいくつありますか?

2つ以上あてはまる人は、体幹力が弱っている可能性が大。体幹力アップエクササイズをして鍛えましょう。

・ お腹がポッコリしている
・ 腰痛持ちだ
・ 疲れやすい
・ 立ったまま靴下を履けない
・ 平らなところでよくつまずく
・ 電車内で立っている時、必ず何かにつかまっている
・ ハイヒールをはくのが苦手
・ 歩くとペタペタという足音がする
・ 太りやすくなった
・ イスから立つ時は、必ず何かに手をそえる

<セルフ体幹力チェック2>

片足バランスを行って体幹力をチェックします。

背筋を伸ばして立ち、両手を腰に当てて、片足を上げます。

ひざが90度になる高さまで足を上げたら、30秒キープしましょう。

30秒以上、上半身がグラグラすることなくキープできれば合格。

それ以下の人は、体幹力が弱っています。

自宅でできる簡単体幹トレーニング

体幹を鍛えるのに難しいトレーニングは必要ありません。

自宅でできる簡単なトレーニングをご紹介します。

毎日、数分でも続けることで体幹が鍛えられますよ。

<ドローイン>

床にあおむけに寝て、ひざを立てます。

息を吐きながら、お腹をぐ~っとヘコませていきます。

その状態をできるだけキープしながら、浅く呼吸します。

お腹をヘコませている時間を、5秒、10秒と長くできるように練習しましょう。

毎日続けていると体幹が鍛えられて、長くお腹をヘコませていられるようになります。

<プランク>

床にうつ伏せに寝たら、顔の前あたりで両手を組み、前腕を使って体を持ち上げ、低い腕立て伏せの姿勢に。

体を一直線にすることを意識し、お尻が上がりすぎたり、下がりすぎたりしないように注意して。

ゆっくり息をしながら、30秒キープを目標に行いましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと



TOPICS

ジャンル