top_line

「仲良しカップル」が無意識に続けている愛情行動3つ

愛カツ

あなたの身の回りで、仲のいいカップルはいますか?

SNSでも、身近な友人でも、仲が良さそうなカップルを見ると、つい羨ましくなりますよね。

どうやったら、仲のいいカップルになれるのでしょうか。

今回は、仲良しカップルが無意識に続けている愛情行動を考えてみました。

(1)アイコンタクトをする

仲のいいカップルは、どこか息が合っている印象がありませんか。

元々の相性もあるでしょうが、相手に合わせているところも多いはず。

たとえばデートの行き先、食事の注文時など。本当は相手がどこに行きたがっていて、何を食べたいを思っているのか。

相手がいくら引っ込み思案な性格でも、相手の目を見ればわかることは多いのではないでしょうか。

カップルになるとお付き合いの中で、アイコンタクトで相手の本音がわかったり、意思疎通できたりすることが増えていくのです。

それこそ疲れているときやご機嫌斜めなときでも、アイコンタクトで気持ちを感じ取れるのは、それだけ仲のいい証拠。

相手の気持ちを感じ取る、これはひとつの愛情になります。ぜひ日ごろから相手の目を見て話すことを意識してみてください。

(2)スキンシップをする

仲のいいカップルほど、スキンシップを大事にしています。

スキンシップとは、手を繋いだりハグをしたりはもちろん、キスなども含まれるでしょう。

言葉を介さず、スキンシップを通じて、相手の愛情が伝わることは多いもの。

はたまた、スキンシップがお互いの愛情を深める行動になることもあるでしょう。

相手が疲れているときや、悩んでいるときは、相手の手を握って励ましてあげて。

相手が甘えてきたとき、拗ねているときなどは、キスをしてかまってあげてください。

相手のことが好きだと、つい相手の肌に触れたくなるもの。コミュニケーションの一環としても、ぜひスキンシップを活用できるといいですね。

(3)同じ行動を取る

よく仲のいいカップルや夫婦は、見た目や言動が似ているといいます。

いつも一緒にいることで、似てくる可能性もあるでしょうが、好きゆえに相手を良く見ているからこそ、似てくることもあるのです。

たとえばショッピング中、相手がパーカーを買っていたら、自分もパーカーを買ってみるとか。

ご飯中、相手がスマホを見出したら、自分も見てみるとか。

言動をマネることで、相手の気持ちが少しでもわかり、愛情表現につながるのです。

同じことを一緒にすることで、愛が深まることも多いので、ぜひ意識してみて。

おわりに

いま好きな人がいて、相手と長い付き合いをしていきたいと思っている女性のみなさん。

こうしたポイントから、相手と生涯のパートナーになることを目指してみてください。

そうすればきっと、彼にとって唯一無二の存在になれるはずですよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル