top_line

市毛良枝、イッセー尾形の妻役で出演決定!『天国からのラブソング』

テレビドガッチ


濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、市毛良枝の出演が決定した。

本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 

市毛が演じるのは、天星の祖母であり、浩の妻・康子。家族の大切さを思い出させてくれドラマを温かく包む……そんな市毛の優しい演技に注目だ。市毛からのコメントを以下に紹介する。

<市毛良枝 コメント>
「あなたの笑顔を生涯守ります」。プロポーズの言葉どおり、愛されるのが当たり前だった康子さんは、ついつい、浩さんを邪険に……。家族って近すぎて見えないこともあります。でも、愛しています。愛し方も愛され方も、人の数だけ存在します。本物のご家族とも交流ができ、楽しい福岡ロケでした。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル