top_line

石黒賢、女性刑事・栗山千明と史上最大の心理戦で激突「難しくかつ面白い役でした」

テレビドガッチ


3月7日(土)21時から放送される、栗山千明主演のBSテレ東 開局20周年特別企画『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 特別篇 悪魔の学問』(BSテレ東/BSテレ東4K)の出演キャストが決定。白洲迅、宇梶剛士、野村修一、椎名香奈江、石黒賢が出演することが明らかになった。

BSテレ東に社名を変更し、「土曜ドラマ9」となった連続ドラマ枠での記念すべき第1弾作品として、2018年10月クールより放送した栗山主演のドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』の続編。3月7日に特別篇、続く4月クールからは、連続ドラマの新シリーズとして帰ってくる。

本作は、2010年に「このミステリーがすごい!大賞」の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの『サイレント・ヴォイス』を原作にした心理サスペンス。栗山が演じる女性刑事・楯岡絵麻は、人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取ることができる行動心理学の使い手だ。

『特別篇 悪魔の学問』では、マルチ商法で荒稼ぎする男が殺され、事件の目撃者は皆、同じようにある男を犯人だと証言する。皆が同じように話す証言に疑問を持った楯岡絵麻は、事件を洗い直し、関係者に大学時代の恩師・占部亮寛の名前を発見。

占部は、行動心理学の第一人者で、絵麻に行動心理学を教え理論と技術を叩き込んだ天才研究者。絵麻は、占部が目撃者の記憶を書き換え、でっち上げの証言をさせたと睨み、取り調べを行い……。

前作に引き続き、栗山演じる楯岡絵麻の相棒、警視庁・捜査一課刑事の西野圭介を白洲、警視庁・捜査一課・警部補の筒井道大を宇梶、警視庁・捜査一課・巡査部長の綿貫俊を野村、警視庁・婦人警官の林田シオリを椎名が演じる。

そして、特別篇のスペシャルゲストで、大学時代の絵麻の恩師であり、行動心理学の第一人者である占部亮寛を石黒が演じる。絵麻の恩師である占部は行動心理学の全てを知り尽くしており、マイクロジェスチャーや、“なだめ行動”を読ませないよう策を講じることも。絵麻と真っ向から対峙し、史上最大の心理戦を繰り広げる。

出演者から届いたコメントを紹介する。

<白洲迅>
最初に特別篇のお話を聞いた時は、素直に嬉しかったです。自分が出演した作品の続編が決まるということは前作を認めてもらえたのかなという嬉しさもありましたし、僕自身、栗山さん演じる楯岡と西野のコンビが大好きだったので、またこの現場の空気感を味わえるというのは本当に楽しみでした。今回の特別篇は、楯岡さんの過去にも繋がる事件になっていて、楯岡さんを助けようと西野も奮闘しているので楽しみにして頂けたらと思います。

<宇梶剛士 >
時代は令和と変わりましたが、取調室には今回も怒号が響き渡っております。Season2となりましたが、野村修一君演じる綿貫との昭和スタイルを貫いたコンビは健在です。栗山さん演じる絵麻とは相変わらず会うといつも対立しておりますが、実は優しく見守っている上司という姿も感じとっていただければと思っております。今回は前回のSeason1にも増して強力なゲストの面々が容疑者役で登場しますので、絵麻がどのように対峙していくのか私自身も凄く楽しみです。

<石黒賢>
私が今回演じる占部は行動心理学の権威であり、栗山さん演じる楯岡絵麻に大きな影響を与えた学生時代の恩師です。IQが高く、観察能力の高い人間をどの様に表現すれば良いか、演じ甲斐のある、難しくかつ面白い役でした。どこまでが占部の本心なのか、ミスリードのフェイクなのか、リアルの意味について改めて考えさせられました。占部が幾重にも張り巡らせた心理的なゆさぶりを、ご覧になられる方がどこまで見破ることができるのか楽しみです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル