top_line

脂肪の燃焼が2日間も続く「ゆるHIIT」でスリムボディに!

ママテナ

脂肪の燃焼が2日間も続く「ゆるHIIT」でスリムボディに!(C)ママテナ 短時間で脂肪を燃やすと人気のトレーニング「HIIT」。
これをアレンジした「ゆるHIIT」をご紹介。

2日に1回“ゆるHIIT”で脂肪がガンガン燃える!

短時間で体脂肪が一気に減る! と世界中で流行したトレーニング法「HIIT」。

HIITとは「High-Intensity Interval Training(高強度インターバル運動)」を略した言葉。

全力運動とゆるい運動(または休憩)を交互にくり返すトレーニング法で、脂肪の燃焼効果が長く続き、エネルギーを多く消費できると人気に。

ボディメイクトレーナーの佐久間健一さんによると、その燃焼効果は運動後2日近くも続くのだそう!

HIITは“キツイ”と感じる動きがポイントですが、女性や、運動に慣れていない人にとっては強度が高すぎるとか。

そこで、ふだん使わない筋肉を刺激しながら、ぎりぎりキツいと感じる “ゆるHIIT”を佐久間さんが考案。

行うのは、休憩を入れて9分、2日に1回でOKです。

脂肪がガンガン燃え続け、スリムになれますよ。

「ゆるHIIT」トレーニングのやり方

紹介する「イス持ちしゃがみ」と「左右にひざ伸ばし」を、まず両方で1セット、これを3セット3分行います。

その後、3分休憩して、もう3セット行います。

エクサ3分、休憩3分、エクサ3分の合計9分で、脂肪が燃え続けるように。

●イス持ちしゃがみ
1)足を肩幅に開いてまっすぐ立ち、イスの背に手をのせる。

2)床ギリギリまで腰を落とし、立ち上がる。1と2を速めのスピードで40秒くり返す。
*お尻が後ろに突き出ないように、イスとの距離を調節して。

●左右にひざ伸ばし
1)足を大きく開いて立ち、ひざに手を添える。

2)左ひざを外に曲げ、右脚は伸ばす。上半身は前に倒さず、体全体を左にスライドするイメージで。

3)次に、右ひざを外に曲げ、左脚は伸ばす。体全体を右にスライドするイメージで。

2と3を速めのスピードで20秒くり返す。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと



TOPICS

ジャンル