top_line

美容部員は見た!そのファンデの塗り方NGです…!ブス肌になる塗り方してる人が多いらしい!?

michill(ミチル)

意外と間違っているかも?!ファンデの塗り方

先日、筆者がファンデーションを新調しようと訪れた、某コスメカウンターで怖いお話を聞きました。

担当してくれた美容部員さんは、職業柄、電車の中やトイレでメイクをしている女性の『メイク工程』をこっそり目で追ってしまうのだそう。

そんな時、なんと多くの女性がファンデーションの塗り方を間違っているのだとか!「教えてあげたい…でも声をかけるわけには…」ともどかしい思いをしているそうですよ。

皆さんはファンデーションをどこから塗り始めていますか?

その美容部員さんによれば、顔の中心、つまり鼻からファンデーションを塗っている女性が多いのだとか。

実はそれ不正解!鼻は皮脂の分泌が盛んなので、ファンデーションの量が多すぎると崩れの原因になってしまうそう。

筆者も何となく鼻から塗り始めるタイプだったので、かなりショック…。十数年間違った化粧の仕方を続けていました…。

今回は美容部員さんにファンデーションの正しい塗り方を教えていただいたので、ご紹介します。

プロ直伝♡ファンデの正しい塗り方

① ファンデーションは目の下あたりから。

皮脂の分泌が少なく、動きの少ない目の下あたりから塗り始めることで崩れ防止に!

② ①で塗ったファンデーションを顔の中心から外側に向かって塗り広げます。

自然なグラデーションができるので小顔効果も期待できます。反対側も同様に。

➂ ファンデーションをパフに軽く足して鼻下、あごに伸ばします。

④ ファンデーションを取り、おでこに塗り、放射線状に伸ばします。

⑤ ここからがポイント!パフに残ったファンデで鼻を抑えます。

ちょっと物足りない?と思うくらいでOK。小鼻には毛穴に逆らうようにファンデーションを塗っていきましょう!

これでベースメイクが完成です。必要な部分に適量のファンデーションを乗せることで崩れにくい美肌を叶えてくれますよ!

プロ流!ファンデーションのお直しテクニック

お直しにもプロの小技が。

まず、ティッシュや脂とり紙で余分な皮脂をおさえた後に、パフのきれいな面で軽くお肌をおさえます。こうすることでさらに仕上がりがよくなるのだそう!

いかがでしたか?今回はプロに聞いた、正しいファンデーションの塗り方をご紹介しました。

この塗り方は、粉タイプにもリキッドタイプにも応用できるのだそう。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


TOPICS

ジャンル