top_line

加藤ミリヤ「Aitai」は平成を代表する切ない片思いソング

UtaTen

加藤ミリヤ「Aitai」は平成を代表する切ない片思いソング

大好きな人にはすでに大切な人が…




「好きな人には、すでに大切な人がいる…」

みなさんには、そんな切ない片思いの経験はありますか?

実らないと分かっていても、簡単には諦められない。

そんな悲しい恋を歌った楽曲が加藤ミリヤの『Aitai』です。

冒頭は以下のような悲しい歌詞から始まります。



好きな人が他の女性と親しくする姿が見えるような関係性にあるのでしょうか。

「どうして私じゃないの?」という問いかけに胸が苦しくなりますよね。

また、「あの子のところに帰らないで」という願いにも切なさを感じます。

叶うことがないと頭では分かっていても、願わずにはいられないほど相手を好きな気持ちが伝わってきます。

1番じゃなくていい、嘘でもいい




いくら叶わないと分かっても、途端に「じゃあ次の恋をしよう」なんて思えませんよね。

手に入らないからこそ余計に欲しくなり、思いは増すばかりなのではないでしょうか。

でも、自分の好きな人に他に大切な人がいるのであれば、1番になることはありません。

次の部分ではそんな葛藤に苦しむ胸の内が歌われています。



2番目でいいからそばにいたい…。

嘘でいいから好きといってほしい…。

本当は1番になりたいはずなのに、2番目でいいと言っているところに切なさを感じます。

同じような経験がある方は、共感する部分があるのではないでしょうか?

仮に経験がなかったとしても、聞いているだけで胸が苦しくなるような歌詞ですよね。

叶わないとわかっているけれど




サビでは溢れ出す思いや願いがさらに強く歌われています。



本命ではないから好きな時に会えないし、もちろんデートもできません。

当然、相手の視線の先にいるのは他の人です。

いくら願っても変わることのない辛い状況ですが、やはり好きな人への思いは簡単には捨てられないもの。

むしろ辛ければ辛いほど、悲しければ悲しいほど相手のことを考える時間が増え、その分思いも募っていくのではないでしょうか。

叶わない恋に苦しんでいる方はぜひこの曲を聴いてみてください。

共感できる分、少しだけ気持ちが軽くなるかもしれません。

後に清水翔太がカバーした男性ボーカルバージョンもおすすめです。

歌詞は女性目線ですが、透き通るような声に癒されます。

ひとりの夜、相手を思いながら切ない恋の世界に浸ってみてはいかがでしょう。


TEXT ゆとりーな

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル