top_line

モテる=幸せではない?自分に合った人を探すコツ

愛カツ

生まれ育った環境や容姿によって、「モテる・モテない」はたしかに差が出るもの……。

でも、幸せになるために大切なのは、モテるかどうかではなく、自分に合った人を見つけられるかどうか。

生まれもったものは、関係ありません。

そこで今回は、自分に合った人を探すコツをご紹介します。

モテる子は別世界の住人じゃない!

心のどこかで、モテる人・モテない人をハッキリ区別している、ということはありませんか?

たしかに、ハッキリさせてしまったほうが楽になることもあります。

モテる自信がない人にとっては、なおさらかもしれません。

でも、「モテる」彼女たちも同じ人間どうし……。

女神や魔法使いというわけではありません。

彼女たちが持っている魅力に、惹かれる男性が多いというだけです。

モテる人・モテない人を勝手に区別するのはやめてみましょう。

モテるけど幸せじゃないって、どういうこと?

モテるのはたしかに羨ましいことですが、どんなにモテても、「自分に合った人」でなければ幸せになれないのは、みんな同じです。

モテることによって、面倒・辛いなどのマイナスな感情を感じることも……。

逆に、たくさんの男性にモテなくても、自分に合った人をひとり見つけられれば、幸せになれるのです。

コツ1:理想と現実の両方を受け止める

憧れる恋愛像や、理想の彼氏像は素直に持っていてOK。

でも、忘れないでください。

「理想=幸せの正解」ではないのです。

「彼のこと好きだけど、ちょっと理想と違う」というときは、現実をそのまま受けとめ、いったん、違う魅力を探してみませんか?

自分が想像していない仕方で、幸せにしてもらえるケースは、思いのほか多いのです。

理想とすこし違う現実を受けとめることで、予想外の相手の魅力に気がつくかもしれませんよ。

コツ2:譲れないポイントを決めておく

理想を追いかけすぎるのは勿論NGですが、「○○な人だけはダメ!」を1つか2つ決めておくだけで、「自分に合った人」を見つけやすくなります。

筆者の場合は、「すぐに面倒くさがる人」がNGです。

「ダメ!」条件に当てはまってしまう人にも、「でも、他にも魅力的にところはたくさんある」と、天秤にかけてみてください。

天秤にかけた結果、魅力的なところのほうが多い人なら、結果的に幸せになれるかも……。

また、NGポイントを改善してくれそうな相手もOKです。

コツ3:話をよく聞いてリクエストもする

「理想と違う!」とショックを受けるのは、相手に対して勝手な思い込みがあるときでしょう。

相手の話をよく聞く習慣があれば、相手を深く知ることができるので、理想と違う場合にも受けとめやすくなります。

理想との違いが見えたときは、自分の希望を伝えてみてください。

彼の答え次第で、本当に自分に合った人かどうかを見極めることができるはずです。

おわりに

どんなにモテる人も、「自分に合う人と出会えない」と悩んでいるケースは実に多いもの。

それを「ぜいたく!」と思うのはちょっと違います。

幸せになれるかどうかを決めるのは、「モテるかどうか」ではなく、「自分に合った人を見つけられるかどうか」ですよ。

現実を受けとめ、彼にさりげなく希望を伝えてみることで、本当に自分に合った人かどうかを見極めましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル