top_line

食で免疫力を高めて健やかな春を!プロ直伝の身近な薬膳食材

つやプラ

まだまだ寒い日がつづきますが、立春を迎えれば春はもうすぐそこです。春になると嬉しい反面、花粉や大気汚染による不調、肌荒れなどが気になりますよね。

新しい季節を健やかに過ごすためにも、今から免疫力を高めて健康な身体を目指しましょう。

薬膳のプロが、免疫力アップが期待できる薬膳食材を3つご紹介します。

■免疫力をアップさせるには?

免疫力アップには、「気」をおぎなうことと、胃腸の調子を整えることがキーワードとなります。薬膳の世界では、気が減って邪気が入り込んでしまうと不調を感じやすくなるとわれています。

免疫力アップのためにも気をおぎなう食材をとり入れて、気の量をアップさせましょう。また、胃腸の調子が悪くなると食べたものを栄養に変える力が弱まってしまうため、胃を労わる食材も積極的にとり入れてください。

■免疫力アップが期待できる薬膳食材3つ

(1)鶏肉

私たちの食卓に欠かせない存在の「鶏肉」は、胃腸の調子を整え、気をおぎなう食材だといわれています。なので、免疫力アップにはもってこいのお肉です。

さらに、身体を温める「温性(おんせい)」の食材なので、冷えが気になる女性にはうれしいですよね。

おすすめの食べ方

鶏肉のなかでも消化しやすい「鶏ひき肉」がおすすめです。カブと鶏肉のあんかけ煮や豆腐ハンバーグなどが良いでしょう。

(2)イモ類

「イモ類は、太りそう」というイメージから、食べるのを控えてはいませんか?

実は、かぼちゃ・じゃがいも・山芋・さつまいもなどのイモ類には、免疫力をアップさせる働きが期待できるといわれています。ぜひ、季節の変わり目に積極的にとり入れてみてください。

イモ類のなかで一押しは、「山芋」です。山芋は胃腸の調子を高め、滋養強壮の働きにすぐれています。疲れがたまっている時は山芋料理をお召し上がりください。

おすすめの食べ方

山芋ステーキは美味しく、簡単に調理することができるのでおすすめです。

輪切りにした山芋をごま油を敷いたフライパンで両面こんがり焼き、醤油、みりん、酒で味付けしたメニューです。

(3)豆類

40代女性におすすめなのが黒豆・大豆・ひよこ豆などの豆類です。豆類は、胃腸を労わる働きがすぐれているので、胃腸が弱い方におすすめです。

胃腸の調子がアップすると気が充実しやすくなるといわれていますので、日々の生活にコツコツととり入れてみてください。

おすすめの食べ方

茹でるのが面倒な方はパウチされたものを常備しておき、サラダやスープ、炒め物に混ぜてみてください。

にんじんやかぼちゃと合わせると、さらに免疫力アップが期待できます。

いかがでしたか? 免疫力アップには毎日の食生活がとても大切です。ご紹介した食材を味方につけて、春をすこやかに過ごしましょう。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口ゆうみ
自ら抱えていた不調を、薬膳に出合い克服したことをきっかけに、同じ悩みを抱く女性の助けになりたいと思い、スクール歴代トップ5に入る成績で資格を取得。体質カウンセリング、レッスン、イベント開催の他、薬膳コラムも執筆中。簡単にできる薬膳の知恵をお届けしています。)

TOPICS

ジャンル