top_line

肩幅さん腰ハリさん必見!体型カバーに使える♡NG・OKワンピースコーデ

michill(ミチル)

その1.花柄ワンピースの着やせテク

締め色ベースで細かい総柄、とろみ素材のワンピースは、体がしまって見える上に、柄の効果で視線が散るため、気になる部分に目線がいきにくいので着やせにおすすめです。

また、素材がてろっとしたものは、生地と身体のあいだに空気感が生まれるため、細く見えやすいのでおすすめです!

そんなワンピースでも1つだけ気をつけたい部分…それが首元です!

NGコーデ

※モデル身長:172cm

首元の開きが肩まで一直線につながって見えてしまうと、肩幅の広さを強調してしまいます。

OKコーデ①

なので、首元は深いV開きのデザインがおすすめです。

この開きが中途半端だと効果を発揮しないので、思い切ってしっかり深めにあいたものを選びましょう!

インナーは肩と一直線にならなければ、少しハイネックになっているものでも大丈夫です◎

OKコーデ②

今の時期は薄手のインナーを合わせれば着ぶくれせずに着られます。

ボトムにデニムを合わせれば暖かいですし、今年らしく着こなせますよ。

OKコーデ③

明るいインナーを合わせることで、締め色ベースのワンピースでも春らしく着られます。

Vネックの首元を強調させるため、ワンピースとインナーは全く別の色を合わせるのがおすすめです!

その2.シャツワンピースの着やせテク

NGコーデ

首が詰まった服は肩幅の広さが強調されます。

また、こちらは元々ワンピースに付いているベルトループの位置でベルトを結んでいます。

この位置ですと私には低すぎるため、ウエスト位置が低く見え、足が短く全体のバランスまで悪く見えてしまいます。

OKコーデ①

まずシャツワンピースの場合は、首元をしっかり開け、肩を覆うようにえりを倒すことで広い肩幅をカバーすることができます。

さらに、ベルトループの位置よりも少し高めの位置にウエストマークすることで、足を長く見せることができます。

OKコーデ②

タイツやファーバッグを合わせると冬らしいコーデに仕上がります。

花柄ワンピースの冬コーデのように、インナーに薄手のニットを合わせるのもおすすめです。

OKコーデ③

前が開くシャツワンピースは、春の羽織りとしても大活躍!

縦長のラインを作るだけでなく、肩幅や腰ハリなど気になる横幅も上手にカバーしてくれます◎

今回は春まで着られるワンピースの着こなしをご紹介しました!

今はセール商品もたくさん出ている時期なので、着やせに使えるワンピースを購入してみてはいかがでしょうか?

TOPICS

ジャンル