top_line

ナチュラル美人になりたい人必見♡美容部員も実践!究極にナチュラルなのに美人見えするメイク

michill(ミチル)

アイシャドウ以外で目力を出す2つのポイント

「清純派女優さんのようなカラーレスな目元のナチュラル美人」に憧れる女性が多いはずですよね!

実はメイクのやり方によってはアイシャドウに色をあまり使わなくても、ツヤやパールを駆使して瞳本来を大きく見せることができるんです。

私たちが普段使っているアイシャドウは、まぶた上下の面積を使って塗っていますよね!その為、アイシャドウを塗っていることは他人から見て目に見えてわかるもの。

つまり目力だけでなく、まぶたを綺麗に彩るためのアイテムでもあります。

今回はまぶたを綺麗に見せるのではなく、人間の本来の目を生かして自然に目力を出すためのメイクなのでカラーは必要なし!

そこでアイシャドウを使わず目力を出す2つのポイントは

・アイラインで目の横幅を出し、輪郭を強調する
・涙袋を強調することで目の縦幅と面積を広く見せる

この2点をおさえればカラーアイシャドウを使わなくてもしっかりメイクしたように瞳をはっきり見せることができますよ♪

カラーレスといってもここまでの色ならOK!

色を使わないアイメイクといっても、たとえばベージュやピンクベージュなどの、皮膚の色に近く肌なじみの良い色は目立たないので問題ありません。

また、色が付いていないパールやラメもまぶたのツヤを綺麗に見せてくれるのでOK♡ただギラギラしすぎには注意して。

チークやリップは顔の血色感を出してくれる重要な色味なので、完全スッピンと間違われないよう、ちゃんと塗ることを忘れないようにしましょう!

下まぶたメイクがカラーレスの鍵!

先ほどお伝えした2つのポイントである涙袋を強調するため、本来の涙袋の上からさらに描き足すイメージでメイクをしていきます。

涙袋をハイライト効果でぷっくりと見せ、その下に締め色で陰影をつけることで目立たせるんです。

今やたくさんのメーカーから販売されている「涙袋専用コスメ」を使うのがおすすめ♪

今回使うのは、

スウィーツスウィーツ アイバッグプランパー 01

下まぶた用アイシャドウとして発売されたアイテムです。

ハイライトになる色とツヤを出すラメ、影をつける締め色が揃っているパレット。まさにただ涙袋を作るためだけのアイシャドウなんです!

How To

① ベースとなる左下のアイシャドウを指で取って目頭から真ん中まで涙袋へ伸ばします。

② メインカラーとなる右上のベージュをチップでその上に重ねます。

③ 左上のラメを指で取ってまたその上に重ねます。

④ 右下の締め色を細い平ブラシで取って、涙袋の下となる位置に影を描きます。

※この時、濃すぎて失敗しないよう軽くブラシに取ったらティッシュオフするなどして、少しずつ描いていきましょう。

また目頭すぐのところから描き始めてしまうと不自然になるので注意して。

これで涙袋メイクの完成♡ベースクリームでパウダーの密着度を高め、ラメのツヤと影のラインで立体感を出すことで涙袋がぷっくりしているように見えます。

その分目の縦幅が広がったように錯覚するので、目力UPへと繋がりますよ!

上まぶたはさりげないツヤ仕上げ

カラーを使わないメイクなので、上まぶたもツヤを足すのみ。

ベージュ系などの自然な色でパールの入ったものをチョイスして。

▷エスプリーク セレクトアイカラー BE314

見た目はオレンジよりのベージュカラーですが、塗るとなじんでパールが残ります。

こちらを指かブラシで取ってアイホール全体に乗せましょう。

ここのプロセスはラフで大丈夫!まぶたに明るさとツヤ感が出ればOKです。

もう一つの目力の鍵はアイライン

アイシャドウ以外のアイテムで目力を出せるものといえば、目の輪郭を強調する「アイライン」。

滲みにくいリキッドタイプやジェルペンシルタイプなどを使って描いていきます。 

まぶたにアイシャドウをあまり塗ってない分、上まぶたからアイラインを引くと目立ってしまうので避けましょう。

ラブライナー ラブライナーリキッド ダークブラウン

使うアイライナーの色ははっきりとした黒ではなく、自然に目に馴染むブラウン系がおすすめ。

How To

① まぶたの目尻側三分の一から引き始め、少しはみ出すように目の延長線上へ伸ばします。

② 黒目の真ん中から目尻まで、まつげの間を埋めるようにインラインを描いていきます。

目の輪郭が自然とはっきりするのに加え、黒目のとその上のアイラインが同化して大きく見える働きが♪

また目尻を少しはみ出すことで、目の横幅を出すことへも繋がりますよ!

マスカラも同じく、目力を出す重要な役割をしてくれるので

なるべくカール力のあるマスカラを選んでまつげの力で目の縦幅を出しましょう。

本来の瞳そのものを輝かせて♡

一度、普段何気なくしているメイクが濃くなりすぎていないか見直してみては?

アイシャドウで塗り固めてしまい、自分自身の瞳の魅力が生かしきれていなかったらもったいない!

いつものメイクから思い切ってアイシャドウを引き算することで意外にも気づくことができなかったナチュラルメイクの良さが発見できるかも♡

メイク上級者から一周回ったような、大人なナチュラル美人を目指してみて!


TOPICS

ジャンル