top_line

マチュピチュ行きの注意点 高山病は空港到着直後【ペルー】

ワウネタ海外生活


マチュピチュ観光をするときに難敵になるのが「高山病対策」です。

どのガイドブックを読んでいても高山病に注意しましょうと書かれていますが、一番高山病になりやすいのが飛行機で到着する街「クスコ」です。

マチュピチュというと山の上にあるイメージがありますが、実際の標高は約2400m、(麓の街は2000m前後)それに対してクスコは約3400mあります。
つまり、クスコに滞在をする方がよほど高山病になりやすいのです。
そして、ほとんどの人が飛行機でクスコに降り立つことで高度順応をすることができず高山病となります。

そこで対応策としては、一刻も早くクスコから下の街へ降りることです。
クスコから鉄道の乗り場であるオリャンタイタンボ、マチュピチュの麓と川の下流に向かうため標高が低くなっていきます。

クスコも観光名所が多く、インカ帝国の首都であったため、いろいろと見学したいかもしれませんが、見学するのであれば高度順応をしたマチュピチュ観光後がおすすめです。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル