top_line

いつか死んでしまうすべての人へ贈る物語『不滅のあなたへ』――大今良時が描こうとしている“不滅”とは?

ダ・ヴィンチNEWS

 2020年10月よりTVアニメ化が決定したマンガ『不滅のあなたへ』。出会った人の感情や身体を獲得しながら“人間”になっていく、不死身の主人公・フシの物語。フシ以外が全員死んでいく、衝撃的で予測不能の展開が読者の心をつかんで離さない本作で、大今良時さんが描こうとしている“不滅”とは? その核心に、迫る。

【外国語勉強法】誤ったネイティブ信仰、アウトプットの重要性とは?

(C)大今良時・講談社/NHK・NEP

TVアニメ『不滅のあなたへ』
NHK Eテレにて2020年10月より放送開始予定

 

 それは最初、球だった。物理的に、あるいは精神的に、自分に刺激を与えたものにならば何にでも変化することのできるそれは、最初は石に、次はコケに、そして自分の上で息絶えたオオカミへと姿を変えた。やがて自分を愛してくれた飼い主の少年から、人間の言葉と感情を学ぶと、彼の姿に変じることとなる。〈僕のこと……ずっと覚えていて〉。そう言って孤独に死んだ彼の言葉を守るように、それは出会う人たちを器に変えて、その身に存在を刻みながら生きていく。決して死ぬことのない、不死身のフシとして。

 聴覚に障がいのある少女と、かつて彼女をいじめて転校に追いやった少年の交流を描いた『聲の形』に続く作品として大今良時が描き出すのは、古代から長大な時を旅するファンタジー作品だ。世界観のあまりのギャップに最初は「なぜ?」と戸惑う読者も多いだろう。だが読み進めていくと、どちらにも共通するテーマがあるとわかる。出会った人の優しさや痛みを、忘れないこと。そして、誰かと相対するときに生まれるエゴや偽善的な欺瞞から、決して目をそらさないことだ。

 幼い子どもながら、フシに母親のような愛を注ぎ、人としての出発点を教えてくれたマーチ。監獄島に暮らす自分たちの境遇を改善するためフシを利用しようとしたトナリ。フシに歪んだ愛を注ぎ、手に入れるためなら簡単に人の命を奪うハヤセ。善人であろうとなかろうと、誰もが自分のために生きている。欲望がすれちがえば、悲劇も起きる。だが、自分のためと誰かのためが合致して、手に手をとりあうことができたとき、人は相手を想う強さを手に入れ、ともに前に進むことができる。あらゆる立場の、あらゆる事情を抱えた人たちと出会いながらフシは、そのことを学んでいく。

 フシが出会った人に変化することができるのは、相手が死んでしまったときだ。どんな怪我を負っても死なないフシは、獲得した肉体と思い出とともに生きていく。時代ごとに新たに出会う人はあれど、悠久の時をたったひとりで。その思い出さえ奪いとろうとする“ノッカー”たちと戦いながら。

 深い喪失と痛みを抱えるフシの姿に切なくなると同時に、生と死の狭間を旅するフシの道程には、誰もが願い続けている希望の欠片がちりばめられている気がしてならない。拾い集めた先にどんな景色が広がっているのかは、まだ誰も知らない。

 

キャラクター紹介

フシ
周囲から感情や身体を獲得する、不死身の存在。いちばん最初に変化した人間であるこの姿が、フシのデフォルト。

マーチ
フシに言葉を教え、人としてのふるまいを教えた、母親的存在の少女。村の掟によりオニグマの生贄となる。

ハヤセ
マーチを生贄として連行する監視者。フシに執着し逃げた跡を追うも、左腕をノッカーに寄生されてしまう。

ボンシェン
死者と会話することのできるウラリス王国第一王子。国王になるための功績としてフシを捕らえる。

カハク
ハヤセの子孫。代々寄生されたノッカーを受け継ぎながら、フシをノッカーから守ろうとする「守護団」の6代目。

 

キーワードは、3つの“不滅”

本作では、多くの出会いと別れが描かれる。それを際立たせているのが「不滅」という設定だ。物語を読み解く3つのポイントをご紹介。

1.けして死なない孤独な主人公

自分に刺激を与えたものが命を失うとその姿に変化することのできる彼は、人間として社会に溶け込んでいく。どんな深手を負っても死なず、状況に応じて適切な肉体に変じることで知恵もつけていくが、思いがけない場面で過去に出会った誰かを器として変化してしまったとき、「あの人は死んだのだ」と悟る場面はなかなかに切ない。また、永遠に死なないということは、出会った相手は必ず自分より先に死んでいくということで、常に人に囲まれてはいても、フシはずっと孤独を抱えているのである。

2.倒しても倒しても生まれ続ける宿敵・ノッカー

フシがどこにいても襲ってくるノッカーと呼ばれる生命体。複数の触手を放つ奇妙な生命体で、フシの内側に宿る核――刺激を与えてくれた死者たちを奪いとろうとする。核を奪われるとフシはその人のことを一切忘れ、変化することもできなくなる。いつの時代も前触れなく現れ、やがて無関係の人々も襲うようになるため、世間のフシの評価は「ノッカーから救ってくれる人」あるいは「ノッカーを招く諸悪の根源」と二分されてしまう。フシにとって永遠の、やはり不死身の宿敵だ。

3.フシが肉体を獲得した相手も、実は不死身⁉

フシが肉体を獲得した死者たちは、実は常にそばにいてフシを見守っている。それを知っているのは、7巻で出会うウラリス王国の第1王子・ボンシェンだけ。さらに彼は、ある条件下においては死者を蘇生することも可能だという、フシも知らない事実にも気づく。11巻では、ノッカーとの戦いにおいて、器としてではなく本人として蘇生する仲間を得て、「いちばん欲しかったものだ」と喜ぶフシ。さらに大切な“あの人”も肉体を取り戻して蘇るのだが、果たしてそれは救いとなるのか……。喜びと不穏さが入り混じる展開に、先が待たれる。

(次のページ)原作者・大今良時インタビュー

原作者・大今良時インタビュー

 タイトルが思いうかんだのは連載開始の少し前、地元の駅前で祖父母と別れたときだった。

「連載が始まると時間がとれないので、久しぶりにゆっくり一緒の時間を過ごしたんですよね。で、別れるときにハグをして、ああこれが最後になるかもしれないなあ、と思ったときふっと思いついた。ずっと元気でいてほしいけどそれは無理だってわかってる、でもやっぱり死なないでほしい、っていう。フシを人間ではなく意識体みたいな存在にしたのも、“自分”というのは死ぬまで生きてるんだ、ってことを描きたかったからなんですよね。逆に言えば意識がなくならない限り死なない。その感じともちょっとリンクしたというか……」

不滅がゆえに、周囲の人々の肉体的な死を見続けなければならないフシ。2度目の死という言葉の重みが満天の空の下に響く。

 不滅というのはただ“死なない”ということではなく、死んでも器として蘇るということでもなく、誰かに記憶され意識が残り続ける限りは存在し続ける、ということ?

「そうです。フシにとっていちばんの危機は命を失うことではなく、核を奪われ記憶や体験を奪われることで、ノッカーはそれを成そうとする。その根幹には、私の祖父母を忘れたくないって気持ちがあります。ずっと、死なないでほしいって思ってるんですよ。冲方丁さんの『マルドゥック・スクランブル』をコミカライズしたときは、主人公のルーン・バロットが死にたいと思う気持ちをどうやったら遠ざけられるのかを考えていた。『聲の形』では、外側からの救いを描こうと思いました。主人公の硝子の聴覚障がいは病気じゃないから、治療法もないし聞こえるようにはならない。普通になれない自分を否定し続けたら、その先には死という絶望しかないんです。もう一人の主人公・石田も同じで、彼が硝子をいじめて傷つけた事実は決して消えないので、過去の自分を責め続けたらやっぱり死ぬしかない。そんな二人を守るには、ささやかな“声”に耳を澄ませてわかろうとするしかないし、その積み重ねが相手を救うことに繋がれば、と思いながら描いていました。それをふまえて今回は、どうすれば自分で自分を救えるかということを考えています。誰かにわかってもらえなかったとしても、自分で自分を否定するのをやめるには、死にたくなくなるためにはどうすればいいのか。今も答えを探している最中です」

生贄から逃れたものの、囚われの身となったマーチ。しかし彼女の夢である“ママになる”ことができた。「よくわかんないけど マーチはいま とってもハッピーよ」その幸せがずっと続くようにと祈ってしまう1シーン。

不完全で不自由な自分でも手に入れられるものはある

 フシが出会う人々はみな、努力ではどうにもならない壁に直面している。たとえばマーチという少女は、村を巨大なオニグマから守るため生贄になることが決まっていた。

「マーチの夢は母親になること。でも大人になれない彼女にそれは叶わないから、かわりにフシという何も持たない赤ちゃんのような存在を手に入れたらどうなるか、というのを描きたかった。やりたいことができるようになる、って一見とても前向きな言葉だけど、今つらい思いをしている人の励みにはならないし、その流れにのれない自分はだめだ、ってもっと落ち込んでしまう気がするんですよね。私は、聴こえない硝子の不完全さや運命から逃れられないマーチの不自由さを肯定したいし、あなたにしかできない生き方や手に入らないものはあるんだよと伝えたい。登場人物をできるだけ凡人として描いているのはそのためで、作中では口のきけないエコという少女が出てきますが、より不自由な人を獲得したフシがどうなっていくかを描きたいと思っています。肉体を取り戻して蘇る人たちを描いているのも、手に入らないはずだったものを得るのが果たしていいことなのか、死んでしまった最初の人生は無意味だったのか、そんなはずないということを逆説的に描きたかったからです」

 ただそれは、死ぬことにも意味がある、ということではもちろんない。マーチとともに捕らえられたパロナという女性も言う。〈人の生き死にに意味を求めるなんて間違ってる〉。

「私自身、近しい人の死を糧に作品を描いていて、勝手に意味をもたせてエンタメ化している自分がすごくいやになるんですよ。たとえばフシのおばあちゃん的存在であるピオランには、亡くなった祖母を重ねていて。後年は認知症で大変だったそうですが、こうありたいと願う自分ではない姿で迎えた祖母の最期をごまかしたくなくて、ピオランの最期もそのように描きました。でもそれはけっきょく、人の死でメシを食っているということで……そんな自分を忘れてはいけないという自戒をこめてパロナのセリフは書いています」

死の間際、意識の混濁する中でピオランが願うただ一つのこと。その根底にあるフシへのかけがえのない想いに心揺さぶられる。

ひとりで生きる人たちに寄り添うような物語に

 大今さんが物語に向かう姿勢はとても真摯だ。普通のひとがきれいごとでコーティングしてしまいそうなエゴや欺瞞のすべてに向き合い、できる限り正確に写しだす。だから読む人は、救われる。誰かの死を物語として消費している自分も、不完全を覆せない自分も突きつけられたうえで、じゃあどう生きていけばいいのかを大今さんは描いてくれるから。

「いやー、真摯、ではないと思いますよ。『聲の形』のときは、身近に聴覚に障がいのある人がいたので、私なら硝子を等身大の一個人として描けるという傲慢な自負がありましたし、今も、読者の皆さんがあまりに一人ひとりに思い入れてくれるから雑に描けなくなっているだけ(笑)。13巻からは現世編、つまり現代の私たちと同じ時代を生きるフシの物語が始まるんですけど、いったい何巻くらい続くのかもなにも決まっていないし……。ただ、私はノッカーを“死にたい”という意識の集合体であったり生きることに否定的なものとして描いているんですけど、物語が現代に移ると今とは違う形に進化するんだろうなあとは思っています。死なないでと言いながら、私自身は安楽死に憧れるし、美しく楽に死にたいって思うんです。死を肯定するもの、呼び込むものは、現代には暴力ではない形でそこかしこに潜んでいますから」

 遠い世界の物語のように思われていた本作は、現世編を迎えることでますます“今”の私たちと強く結びついて、生と死を語りはじめる。悠久の時をひとり生きるフシは、“今”に救いを見出すことができるだろうか。

「どうしましょうね(笑)。長く生き続けるということは、いつかフシを覚えている人がひとりもいなくなるということだと思うので……。でもだからこそ、いま、たったひとりで生きている人たちに寄り添うような物語になればいいなとも思います。『聲の形』は7巻で終わらせると最初から決まっていましたが、今回は続けられる限り長く描きたいと思っているので」

〈生きるのを手伝ってほしい〉。『聲の形』のラストで石田は硝子にそう告げる。どんな結末になるにせよ、誠実に答えを探し続ける大今さんの描く物語は、不完全で不自由な私たちを支えてくれるものになるはずだ。

「もし君が出会ってきた仲間が 不死身だったら嬉しいかい?」という問いへのフシの答え。たったひとり生き続けなければならない彼の行く末を、最後まで見届けたい。

大今良時
おおいま・よしとき●1989年、岐阜県生まれ。『聲の形』で手塚治虫文化賞新生賞、『不滅のあなたへ』で講談社漫画賞少年部門など受賞。『3×3EYES』を読んで以来、不死身キャラを描くことに憧れていた。ちなみに『不滅~』の表紙はゲスト主人公たちの叶わなかった夢。

 

取材・文=立花もも (c)大今良時/講談社

 

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル