top_line

中国の研究室がSARSの30倍で進める「新型肺炎」治療薬開発

女性自身

中国の研究室がSARSの30倍で進める「新型肺炎」治療薬開発

1月29日、中国内の新型コロナウイルス感染者数が、’03年に流行したSARSの5,327人を超えたと大きく報じられた。日本国内では、ヒトからヒトへの2次感染が疑われる患者も見つかり、新型コロナウイルスの恐怖をより身近に感じている人は多いだろう。

 

だがここで「過剰な不安を感じるよりも、冷静な目で見ること」が大切だというのは、アメリカ国立衛生研究所の病理専門医である峰宗太郎さんだ。

 

「単に感染者数を見るだけでなく、重症化した患者数も見るべきです。現時点ではSARSの死者数(349人)と比べ、特に多い印象はありません。また、論文の報告によると死者や重症患者は、持病のある人と高齢者にとくに多く、大部分の人は風邪のように軽い症状で、3〜4日で治っています」

 

患者数が急激に増えたのも、ウイルスが広がりやすい性質を持つこと以外に理由があるという。

 

「検査方法が迅速に開発され、早い段階で感染の有無を中国全土で判定できるようになったのが一因でしょう。検査では、見逃しやすい無症状や軽症の感染者も発見しているので、これも感染者数が増えた要因かもしれません」

 

もちろん、油断はできない。

 

「中国では感染者1人が2.5〜3人にうつしていると考えられています。感染者が増えれば、日本でも流行は起こりえるでしょう」

 

そこで期待したいのが、抗ウイルス薬だ。科学技術の発展と幸運が重なったことで、急速に開発が進んでいるという。

 

「SARSのときはウイルスの遺伝子情報を集めるのに約1カ月ほど時間が必要でしたが、今は1日で解析できています。迅速に新型コロナウイルスの全体像を知ることができているのです」

 

調査の結果、新型ウイルスはSARSやMERSと似ていることが明らかに。

 

「これが幸運でした。SARSは’02年から18年も研究が続けられており、ウイルスの持つタンパク質の種類や性質はすでに判明していた。その知見を新型ウイルスに応用することができたんです」

 

注目されたのはウイルスの増殖に関わるタンパク質。この働きを阻害する物質を見つければ、ウイルスの増殖を抑える薬を作ることができる。

 

「さらなる幸運は、開発されていた薬のなかに、阻害効果の期待できるものが複数あったことです。中国の研究グループによると、エイズの原因ウイルスであるHIVの治療薬や多発性骨髄腫という血液がんの治療薬、漢方薬の成分などに効果がありそうで、なかでも2種類のHIV治療成分を混ぜた『カレトラ』という薬に注目が集まっています」

 

通常なら、試験管内での実験や動物実験を経て、臨床試験を検討するのが一般的。だが、今回は、すでに市販されている抗HIV薬であることと、感染者が増えていることを踏まえて、中国は新型ウイルス感染者への投与を開始し、薬の効果を確かめる治験も同時に行っている。

 

「薬を投与する群と投与しない群に分けて、効果を調査しています。それほど長い時間はかからず、1カ月ほどで結果が出るでしょう。日本国内でも承認されて安全性が確保されている抗HIV薬なので、効果が実証されれば、日本でもすぐに投与できる環境が整うはずです」

 

効果を証明できなくても、同時進行でほかのタンパク質の働きを阻害できる薬がないか調査しているので、つぎの候補薬はすぐ見つかるという。

 

「実は中国では20カ所を超えるラボが資金とマンパワーを投じて、フル活動で研究を進めています。SARSのときに対応が遅れ、国際的に非難を浴びた苦い経験が生かされているのです」

 

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

TOPICS

ジャンル