top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『サマーウォーズ』の舞台は超人気ロケ地! 長野県上田市の魅力とは

goo映画

執筆=平辻哲也

長野県上田市は、戦国武将・真田幸村こと真田信繁ゆかりの地。今は細田守監督のアニメ映画『サマーウォーズ』(2009)のロケ地として知られている。数々の名作が生まれた“映画のまち”の上田の魅力とは?

細田守監督が描いた『サマーウォーズ』のサイン(撮影:平辻哲也)

北陸新幹線に乗った瞬間から『サマーウォーズ』を追体験

『サマーウォーズ』はインターネット上の仮想世界OZ(オズ)が流行っている2010年が舞台。数学だけが取り柄の高校2年の健二(神木隆之介)が憧れの先輩・陣内(じんのうち)夏希(桜庭ななみ)から頼まれ、「いいなづけ」のふりをして上田に帰省するというバイトをすることに。そんなとき、OZが乗っ取られ、健二は世界の危機を救うために奔走する……というストーリー。

山々に囲まれ、千曲川が流れる豊かな自然を持つ上田は、細田監督の奥様の故郷。結婚した際に、親戚縁者がたくさんいて、驚いたという体験が物語のヒントになった。

広告の後にも続きます

上田は東京駅から北陸新幹線で最短1時間13分とアクセス至便。健二と夏希が乗るのは「あさま」なので、新幹線に乗った瞬間から映画を追体験できる。ホームを降りれば、劇中に登場する「上田駅」の看板と向こうに上田ガスのガスタンク。

「劇中に登場する構図で撮影」は聖地巡礼の基本!(撮影:平辻哲也)

ただし、場所は変わっているので、映画の通りではない。なんといっても、映画の公開から10年も経っているのだ。

上田ガスのガスタンク(撮影:平辻哲也)

ロケ地はほぼ上田駅から徒歩15分圏内!

夏希の実家、陣内家があるのは、上田駅から少し遠い砥石・米山城跡周辺という設定だが、上田駅から徒歩15分圏内でかなりのロケ地を巡ることができる。

陣内家の門のモデルは「上田城跡公園」(長野県上田市二の丸2)にある東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)。陣内家も、戦国時代からこの周辺を治め、少数精鋭で徳川の大軍を2度も退けた真田家がモデルとなっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル