top_line

冬のメキシコは野生動物観察の宝庫【メキシコ】

ワウネタ海外生活


毎年冬の時期になるとメキシコは野生動物の宝庫に変わります。
これは、アメリカやカナダなどの寒い場所から越冬をするため、たくさんの動物がやってきて、容易に観察することができるようになるためです。

例えば、バハカリフォルニア半島では、クジラやイルカなどが沿岸部にやってきて船からホエールウォッチングをすることができます。
野鳥が好きな人にはユカタン半島がお薦めで、カンクン周辺の湖にはペリカンやフラミンゴなどのたくさんの鳥たちが集まってきます。

他にも中部のハリスコ州チャパラ湖もペリカンの飛来地として有名で、湖を覆いつくすような鳥の群れは、圧巻で村の観光名所にもなっています。

蝶が好きな人には、メキシコ州のオオカバマダラ生物圏保護区がおすすめです。
どのエリアも1月から3月ごろまでが最も数が多い時期になり、春になるとそれぞれ元の場所に戻っていくので静かになります。
日本人向けのツアーも販売されているので、交通手段がないという人にも手軽に参加することができます。

ツアー問い合わせ先 メキシコ観光
http://www.pasela.mexicokanko.co.jp/index.html

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル