top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「月9」とは何だったのか「酒井法子」はプレッシャーで発熱

SmartFLASH

『ひとつ屋根の下』記者会見

「錚々たるメンバーの中でお芝居をさせていただくプレッシャーに、記者会見の3日前から熱が出て寝込むほど緊張しました」

 

 そう当時を語るのは、『ひとつ屋根の下』に出演した女優の酒井法子。最高視聴率37.8%は現在もフジテレビドラマ史上の最高記録だ。

 

広告の後にも続きます

「福山さんは、プライベートでも女性に『愛してる』と言ったことがないと、しきりに照れていらっしゃいましたね。『月9』は私の人生の宝物。海外のライブでも主題歌を歌うと皆さんが盛り上がってくださって。本当に感謝しています」(同上)

 

「月9」が始まった当時を、『月9~101のラブストーリー』(幻冬舎新書)を上梓した作家・編集者の中川右介氏が振り返る。

 

「当時は20代の若い女性、テレビ用語でいうF1層をターゲットにしたドラマがなかった。そこへ、同世代の女優をヒロインにしたドラマが登場した。スポンサーも若い女性の購買力に注目しはじめたころだったので、そこにフジテレビは目をつけたのでしょう」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル