top_line

石田ゆり子の新型肺炎対策は「マヌカハニーを舐めてます!」

SmartFLASH

 

 石田ゆり子が、1月30日のインスタグラムで新型肺炎への独自の対策法を明かした。

 

 石田は「世の中がざわざわとしている。街はなんだか人が少ない気がする。マスクは買えず。いろんな噂が飛び交う」と、マスクが品切れになるなど、世間が騒ぎになっている状況を説明。

 

 

 続けて「たしかに新型ウイルス怖いです。だけど分け合ってみんなで予防しないと意味ないですよね」と、買い占めなどに走らず、シェアする気持ちの大切さを提案。

 

 自身の対策法として「とにかく栄養つけて 免疫上げて 口角上げて。わたしはマヌカハニーをしょっちゅう舐めています」とつづった。

 

 マヌカハニーとは、マヌカの花からできたニュージーランド特産の蜂蜜で、強い殺菌力で知られている。

 

 石田は、過去にもさまざまな健康法を語ってきた。

 

 2016年12月29日のインスタでは「毎日の習慣。大豆たんぱく質(必須アミノ酸配合)のパウダーを豆乳(無調整)に加えシェイカーで混ぜたもの。これを朝晩飲むのです!とにかくタンパク質は大切。健康にも美容にも」と明かしている。

 

 また、10年以上ピラティスを続けており、過去には「心にも体にも効く素晴らしいエクササイズです。わたしは本気で、老若男女すべての人にピラティスを勧めます」と投稿した。

 

 パンデミック状態となりつつある新型肺炎。予防にはマスクや手洗いが有効だが、免疫力を上げることもたしかに大切だろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル