top_line

食糧危機に備えた「2050年カレー」が爆誕!? 荒廃した近未来が描かれたパッケージの中には“代替肉”のカレーが

Pouch[ポーチ]

食糧危機に備えた「2050年カレー」が爆誕!? 荒廃した近未来が描かれたパッケージの中には“代替肉”のカレーが

調味料やレトルトタイカレーなどを取り扱う「ヤマモリ」が、2020年1月31日に「2050年カレー」なる新商品を発売します。「2050年カレー」って……なんだか名前が壮大すぎません!?

名前だけでなくパッケージも壮大。

YouTubeで公開されたPR動画もまるで映画の予告のような壮大さ。いや、マジでこれどんなカレー!?!?!?

【なんでこんなに壮大なの】

「2050年カレー」のパッケージに描かれているのは、近未来を連想させる荒廃した世界。

「来たるべき近未来、世界的な食糧危機が訪れる……君の備えはできているか?」

といったキャッチコピーも添えられていて、とてもカレーのパッケージとは思えません。

PR動画に出てくるのも近未来。世界的な食糧危機が訪れたことで、肉を求めてデモをしたり全力疾走したりする人々が映し出されています。

【食糧危機に備えて「代替肉」を使用!?】

「2050年カレー」の最大の特徴は、お肉のかわりに大豆を加工したフェイクミート(植物性代替肉)を使用していること。

開発背景にあるのは、人口の爆発的増加や新興国・開発途上国の生活水準の向上により、あと30年後の2050年に食糧危機が訪れると予想されていることなんだとか。

「2050年カレー」を食べることで、今のように肉がを食べられなくなった “未来の食事” を仮想体験できるといいます。

【味はフツーにおいしそう】

ちなみに、壮大すぎるコンセプトですが、味のラインナップは普通に美味しそうです。ガーリックチリ・ペッパーチリ・麻辣の3種類で、いずれも突き抜けた辛みのある味わいに仕上げているそうです。

フェイクミートを体験してみたい人にとっても、いいきっかけになりそうな「2050年カレー」。唐辛子やブラックペッパー、今話題の花椒(ホアジャオ)などが使われているところも、辛いもの好きにはたまりませんっ。

Amazonにて希望小売価格 税抜き360円で販売されているので、トライしてみてはいかがでしょうか。

参照元:ヤマモリYouTube
執筆:田端あんじ

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル