top_line

千鳥・大悟、サプライズ会見で二日酔いを隠しきれず、目が充血

SmartFLASH

 

 1月30日、お笑いコンビ・千鳥のノブと大悟が、無料動画サービス「GYAO!」が展開する『千鳥のロコスタ』シーズン3のPRイベントに出席した。

 

 2人が登場し、会見が始まるかと思いきや、ノブが「今日ね、この話一切聞いてなかったんですよ」と、会見そのものがサプライズだったことを暴露。大悟も「わし1時間前ゲロ吐いてた」と、飲み会帰りをアピールした。

 

 

 囲み取材では、報道陣から大悟に「目が充血してますね」とツッコミが。大悟は「そうですね。目は赤いほうがかっこいいですからね」と堂々宣言し、ノブから「そんな考え方!?」と驚きの目を向けられる。

 

 シーズン3となった番組『千鳥のロコスタ』について、大悟は「こんなこと言っていいのかわからないけど、GYAO!の見方がわからない。だからまだ自分で(番組を)チェックしたことがない」との告白が。ノブも「こいつすごいんですよ。アプリという存在がいまだにわからない。『スマホに四角いのあるやん』って言ったら、『なんもないんじゃ、わしのは』って(言ってくる)」と、大悟のスマホ音痴っぷりを語っていた。

 

 ほぼ電話やメールしか使わない大悟だが、やはりお笑いの師匠ともいえる志村けんとのやり取りは多いという。

 

「最近事件が起こりまして。タグ付きの高いカニのなかでも、1ぱい50万円ぐらいするカニは『極』ってタグがつくんです。そのタグ、志村さんが自分のスニーカーにつけてて。でも僕がテレビで言っちゃったからなのか、極のタグだけ盗まれた(笑)」と、最近の志村事情を話していた。

 

 千鳥も結成20年。会見の終盤でこの話題に触れると、ノブは「知らん間に20年。なんかできたらいいな。単独ライブとかは引き続きやっていきます」と話し、大悟も「もう、継続。今までやってきたようなことをできたら幸せ」としみじみ語った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル