top_line

極寒の雪山に子猫が!助けた男性が子猫に名前をつけるまで

マランダー


image credit:Facebook

 カナダ・アルバータ州に暮らすマックス・アダムスさん。彼は、世界各地で11月に行われる「モーベンバー」という男性のためのがん啓発運動に毎年参加していた。

 彼のチャレンジは、60kmを踏破するチャリティーハイクに挑戦するというもの。2019年は親友のがんが発覚したり、祖父をがんで亡くしたりと彼にとっては苦しい年だったこともあり、万感の思いを込めての参加となった。

 しかしそんなチャリティーハイクの途中、たった10kmのところで彼は足を止めることになる。

 雪深い山道で、力いっぱいに助けを求め鳴き叫ぶ子猫に出会ってしまったからだ。
Guy Hiking In The Snow Finds A Freezing Kitten

This guy was hiking in -20 degree weather — when he spotted a lost kitten 🙀

The Dodoさんの投稿 2020年1月13日月曜日


 11月とはいえ、カナダ・アルバータの地は極寒だ。雪深い山の中、木の枝でミャアミャアと鳴く猫をアダムスさんは無視できなかった。


image credit:Facebook

 しかもよく見ればまだ子猫! 驚いた彼は、とにかく一度、その子猫を連れて帰ることに決めた。

 子猫がいた場所の近くにはいくつかの農場があり、そこから逃げ出してきた可能性が高い。そうでなければ、こんな季節の雪山に子猫が1匹でいるはずがなかった。

 おそらく近隣に飼い主がいるのだ。

 来た道を車まで戻るあいだ、その子猫はアダムスさんの肩の上に。まるで助けられたことがわかっているかのように、体をこすりつけしきりに鳴いていた。


image credit:Facebook

 「この子、ヒッチハイク状態だよ」と笑いながら、「飼い主を探してあげなきゃな」とアダムスさん。

 しかし徐々に「なんて呼ぼうかな……いやでもダメだな。名前をつけると愛着が湧いちゃうから」と、子猫のことが愛おしくなっていったようだった。

 連れ帰った子猫を温かいお風呂に入れ、世話をしながら飼い主を探しはじめたアダムスさんは、ほどなくしてある家族から連絡を受けた。

 その子猫を飼っていたという一家だった。数日前の猛吹雪の日に子猫がコヨーテにさらわれて行方不明になり、家族総出で探していたのだそうだ。


image credit:Facebook

 ところが、幼い娘さんが子猫を失ったことをひどく悲しがり、どうにもならない状況に。

 それでも3日間は周辺を探し続けたが、とうとう子猫を見つけられず……娘さんをなぐさめるため、やむなく新しい猫を迎えたばかりだという。

 こうしてアダムスさんは、当初の予定通り飼い主を見つけたうえで、正式に子猫を引き取ることに。ようやく、子猫に名前をつけることができたのだった。

 子猫の名前は、インターネットの投票などで候補に上がった「ヒッチ」となった。もちろん、ヒッチハイクからきている。


image credit:Facebook

 もとの飼い主家族とも交流は続いており、ときおり子どもたちからヒッチあてに手紙も来るようだ。ちなみに、ヒッチのもともとの名前は「ポンポン」だったみたいだよ。

 アダムスさんはヒッチとの出会いを「運命のいたずらだ」と語っていた。「どこで生まれ、どこで死ぬかは自分に選べることじゃないけれど、どんなときだってしなやかに、ポジティブに道を切り開いていくしかない。ヒッチがそれを教えてくれた」と。

 -20℃の世界で3日間さまよいながらも、生きることをあきらめなかったヒッチ。だからこそ、アダムスさんと出会った瞬間に、ヒッチはその肩に飛び乗ったんだろうね。

 それは、その先に暖かく幸せな毎日があると信じて、ヒッチ自身が選び取った道かもしれない……なんて思うんだ。

written by momo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル