top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

勝たなきゃ海外移籍!珠理奈の運命は?「豆腐プロレス」第20話レビュー

music.jp|テレビ・映画

勝たなきゃ海外移籍!珠理奈の運命は?「豆腐プロレス」第20話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 フィジカルの差をぶっとばせ! 宮脇咲良が主演をつとめる「豆腐プロレス」。テレビ朝日系列で6月3日(土)に放送された第20話。

目隠しをされ、制服に着替えさせられたハリウッドJURINA、ブラックベリー向井地、オクトパス須田、クイウチ松村は敗者復活第2ラウンドの会場に足を踏み入れた、なんとそこは教室! その教室内のものはなんでも使用可能な変則マッチというルールでの第2ラウンド、工事現場同盟は珠理奈に襲い掛かりどうにか潰そうとするが、須田の助けもあり、珠理奈は事なきを得る、そして工事現場同盟を撃破、須田との一騎打ちにも勝利し、敗者復活の覇者となるのだった」。
一方本戦会場は天才・イケメン百花vs最恐ヒール・ユンボ島田の試合が開始される! 百花は、今まで通り余裕で島田を倒す…かに思われたが、何度倒されても立ち上がる島田が、心からのプロレス愛で段々と百花を追い詰めていく。そして、渾身の力を振り絞り、百花をマットに沈めた!

「第20話あらすじ」

「ハリウッドJURINA、世界最大のプロレス団体”WWZ”に電撃移籍決定!」との衝撃のニュースが出る。それによりWIPのレスラー達はもちろん、WIPのファン達にも大きな波紋を広げることに。しかし珠理奈は、WIPでのチャンピオンであり続けることにこだわりがあるので記者会見を開き移籍しない旨を発表するが、ファン達は信用してくれない。そこで、中矢崎英一郎(渡辺いっけい)は珠理奈にWWZとの決別は試合で証明するように提案する。WWZのタイトルを総なめにしたWWZ最強レスラー、デビー・コングとの特別試合をセッティングする。世界最大のプロレス団体のチャンピオン・デビーは、珠理奈とフィジカルから経験値に至るまで全てが大きく上回っている強敵だ。WIPへの愛から珠理奈はこの試合を承諾するが、ファン達はこれすらも茶番劇でしかないと信用しようとしない。
珠理奈はこの試合の勝利とファンの信用を勝ち取ることができるのだろうか?

「まるで少年漫画の主人公!」

はじめに驚愕したのが、デビーのその身体だろう。身長は松井珠理奈の頭一つ分はゆうに大きく、鍛え上げられたその筋肉で厚みは倍はありそうだ。スピードや技で圧倒しようとしても圧倒的なそのパワーでデビーの方へ一気に引き寄せられてしまう。のしかかられたらその重さと圧で一瞬で落とされてしまう珠理奈。何もできずにもうダメかと思われたその時。デビーが珠理奈を持ち上げ「しょせんお遊び集団だろう」という言葉を吐きマットへ投げ捨てる。それが珠理奈の何かを切ってしまう…WIPへの愛に溢れる珠理奈の怒りは爆発! 口が切れ血を出しながらも珠理奈は覚醒。みるみる持ち味のテクニックとスピードでデビーを圧倒していく! 小さな身体で大きな強敵に立ち向かう姿はまるで少年漫画のよう! そこからはもう一方的な試合になる。蹴り倒した後は固め技に華麗に移行しデビーをマットに沈めるのだった。試合展開が面白くだんだん引き込まれて夢中で見てしまう回だった。

広告の後にも続きます

「白金ジムの面々が最高の演技を見せる」

まずは、珠理奈への思いが爆発した、ユンボ島田。珠理奈が負けそうになり、交わることはないが、お互いに切磋琢磨した相手のピンチに自然と涙が溢れる。その表情は何か演技の域を超えていたように感じる。その瞬間にしっかりとユンボが生きていた。そんな本物の涙にこちらの涙腺も刺激される。そして、白金ジムオーナー矢崎を演じる渡辺いっけいの演技は熟練の味があったように思う。試合後ニヤリと笑う姿は、今までの策士的なものではなく、オーナーと選手という信頼があるからこその表情だったのではないだろうか? 最終的には選手を守り、ジムオーナーとしても一流の人物であることを一瞬で表現してしまう技は流石の一言以外ない! 今回は役者としてのチームワークを存分に見られた回だ!

次回第21話は、6月10日(土)深夜0時5分より放送

錦糸町道場初の同門対決! となる第21話は、テレビ朝日系列で6月10日(土)深夜0時5分より放送。

「豆腐プロレス」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/tofu-prowrestling/

⇒主題歌「シュートサイン/AKB48」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル