top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

【インタビュー】『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』野村周平「最後のどんでん返しに驚いて」石橋杏奈「疾走感やスリルを体感してほしい」

もっとエンタメ

 時効を迎えた連続殺人事件の殺人犯・曾根崎雅人が、事件の真相を語る告白本を出版。素顔をさらして記者会見に現れ、日本中の注目を集めていく。だが、果たしてその目的は…?そんなセンセーショナルな展開が待ち受ける新感覚サスペンスエンターテインメント『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』が6月10日から公開される。事件当時の22年前と現代を行き来しつつ、二転三転する物語が疾走感あふれるタッチで繰り広げられる本作。藤原竜也、伊藤英明ら豪華キャストがそろう中、過去編の重要人物を演じた野村周平と石橋杏奈に、撮影の舞台裏を聞いた。


-最初に台本を読んだ時と、出来上がった映画をご覧になった時の感想をお聞かせください。

野村 台本を読んだ時も面白かったんですけど、出来上がった映画を見たら、「あぁ、こうなっているんだ」と改めて思いました。こういう心をえぐるような映画は最近なかったので、「早く見てほしい」という気持ちになりました。

石橋 私はサスペンスが大好きなので、台本を頂いた時は、続きが気になって一気に読んでしまいました。そして出来上がった映画はゾクゾクするような音の使い方や疾走感がすごくて、脚本以上に面白くなっていたので、客観的に夢中で見てしまい、本当にあっという間に見終わってしまいました。

-物語の背景として、1995年に発生した阪神・淡路大震災が描かれています。幼かったお二人に当時の記憶はないと思いますが、演技の上で苦労などはありましたか。

石橋 私は福岡に住んでいたので、大きな震災を体験した方は周りにほとんどいません。仕事でお会いする方からお話を聞いたことはありますが、リアルには想像できないところがありました。自分で体験したことがあるのは、一番大きくても震度5ぐらいで、その時の恐怖よりもさらにすごいものであったことをひたすら想像して臨みました。

野村 当時の事は覚えていなくても、東京も東日本大震災でかなりすごいことになりましたよね。僕は高校2年生でしたが、あの時の衝撃は本当に大きかったです。今でも復興作業を進めているぐらいですし…。あと、僕は神戸…

TOPICS

ランキング

ジャンル