top_line

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

もっとエンタメ

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、岸谷自らが脚本を書き直してミュージカル化。戊辰戦争時、歴史の大きな渦に巻き込まれた人間たちの生きざまを描く。岸谷と寺脇に、本作の見どころ、さらには「地球ゴージャス」への思いを聞いた。

-結成25周年おめでとうございます。結成から25年、変わらずにお二人で歩んでこられた秘訣(ひけつ)は何でしょうか。

岸谷 性格も違うし、考え方も違うから興味があるし、相手に引かれる。その上で、一番、核となる方向性が同じなのだと思います。

寺脇 そこさえ同じであれば、他の道はバラバラでもいいんですよ。お互い、寄り道する場所は違うけれども、また同じ道に戻ってきて、同じ風景を見ようと思える。そんなところかもしれません。

-そもそも「地球ゴージャス」結成時に、劇団という形ではなくユニットで、ゲストを迎えて公演を行っていくという現在の形で活動を行おうと思ったのはどういった思いからだったのですか。

岸谷 25年前、僕らは10年間、同じ劇団で一緒に活動をしていて、劇団の素晴らしさを学びました。その上で、自分たちで世の中に対して戦っていこうと思ったときに、劇団組織じゃないと思ったんです。劇団には劇団の良さがあることは分かっていますが、それでも僕らは2人だけで作る良さを選んだ。その良さとは、例えば、一つの脚本に対して、世界中から役者をキャスティングできるということ、つまりは脚本が良くなるためにキャスティングできることだったり、自由なフットワークでたくさん公演が行えることだったり、ということです。そして、25年間必死にやってきて、結果として地球ゴージャスの新作に10万人のお客さまを呼べるようになった。これは、このやり方が間違っていなかったんだろうと思います。

寺脇 「こうしたい」というところから始まっているから、無理がないし、ストレスもないんです。劇団の良さ…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル