top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『22年目の告白-私が殺人犯です-』入江悠監督インタビュー 100万人動員のヒット作をどう‟日本のメジャー映画”にリメイクしたのか?

SPICE

6月10日(土)公開の『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たしたサスペンスエンターテインメント大作だ。22年前に起きた連続殺人の犯人が時効を迎えてから姿を現し、事件の真相を綴った告白本「私が殺人犯です」を出版。挑発的な発言や行動でメディアの注目を集めて一大ブームを巻き起こし、新たな事件へと続いていく姿を描いた作品である。美しき連続殺人犯・曾根崎を藤原が、曾根崎を追い続ける刑事・牧村を伊藤がそれぞれ演じている。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』 は、入念な取材と時代考証のもと、日本では撤廃された殺人事件の”時効”をサスペンスの一要素として組み込むことに成功し、原作の設定を活かしつつ同作を作り変えている。メガホンをとった入江悠監督は、製作環境のまったく違う日本でどうやってこの難題をクリアしたのか。原作を「スゴイ映画」と認めつつも、日本独自の”メジャー大作”へと作り変えた入江監督の手法に迫った。

 

‟日本で作る意味”を探っていったら、今の形になった


(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会



――『22年目の告白-私が殺人犯です-』は100万人を動員した映画『殺人の告白』をもとに作られています。やはり同作を意識して監督されたんでしょうか?

もともと、『殺人の告白』は映画館でたまたま観ていたんです。ぼくは韓国映画がすごく好きだったので、「スゴイ映画だな」と思っていたんですが……その時は、まさかこのお話が来るとは思っていませんでした。『殺人の告白』はアクションが凄いんですが、お話を頂いたときには、「このアクションを日本でそのままやってもダメだな」と思いました。原作の一番の魅力は中盤のプロットポイントである“どんでん返し”なので、その面白さを頼りに“日本で作る意味”を探っていったら、今の形になったんです。

――確かに、原作の過剰なアクションは日本のロケーションでは難しそうですね。脚本を37稿も重ねられたそうですが、それはより現実的な作品にするためですか?

そうですね。それと、現在との対比で1995年という時代を設定したので、整合性や時効などの法律的な部分について色んな先生からお話を聞くのに時間がかかりました。

――一方で、伊藤英明さん演じる刑事・牧村と犯人のチェイスシーンなど、オリジナリティのあるアクションも登場します。何かこだわられたところはありますか?

個人的に昔からジャッキー・チェンが好きで、アクション映画もすごく好きなんです。以前、『ジョーカー・ゲーム』という作品を撮った時にアクションをちゃんと勉強する機会に恵まれたんですが、そこで「今の日本でやるべきアクションって何だろう?」と考えました。藤原竜也さんも『るろうに剣心』シリーズでアクションを経験されていますが、(『22 年目の告白-私が殺人犯です-』は)リアリティに根差したアクションにしようと思ったんです。

――現実感のあるアクションを目指された、と。入江監督の前作『太陽』にも生々しい長回しアクションがありますが、ああいったシークエンスを必ず作品に入れるように意識されているんでしょうか?

題材にもよります。最近は香港映画的なアクションをやろうとすると、相当ジャンルが選ばれてしまう。そういうこともあって、作品にあったトーンを選ぶようにしています。基本的にアクションの歴史=映画の歴史みたいなところがあると思っています。昔のサイレント映画なんかは、全部アクションじゃないですか。バスター・キートンにしても、ハロルド・ロイドにしても、チャーリー・チャップリンにしても、人間が動いて事件が起きる。そういう作品がすごく好きなんです。そういった意味では、(『22年目の告白-私が殺人犯です-』では)『殺人の告白』をギュッとタイトにしたアクションを作ったという感じです。


(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会



広告の後にも続きます


――小泉純一郎さんをはじめ、実在の人物が実名で登場しているのも気になりました。YouTubeやニコ生などのメディアの名称もそのまま使っている。

社会的な風潮、世相を作品に入れるのが好きなんです。ぼくは映画はフィクションだとしても、ドキュメンタリーだと思っているところがあるので……その時代に作る意味があると思うんです。

――フィクションの中に時代を記録するということですか。

10年後にはSNSなんかの描写は陳腐化している可能性もあるんですけど、それも含めて映画は歴史とともにあると思うので。昔の今村昌平さんの映画を観ると、その時代がわかったりする。そういう意義があると思っています。ニコ生とか、Twitterとか、LINEとかの名称は全部許可を取ってもらいました。報道というものも、新聞やテレビだったころから少しずつ変わってきているじゃないですか。その過渡期に(作品を)作る、そこで世間を騒がせる犯人が出てくる、というのは、作品のテーマと結びついてるな、と。

――テレビ局が製作で入っているのに、メディアについて結構シニカルに描かれているところも面白かったです。

プロデューサーは、「これ、結構メディア批判入ってますね……」って言っていました(笑)。でも、最近はハリウッド映画なんかもすごくチャレンジしていて、現政権や大統領をシニカルに扱っているじゃないですか。日本でもそういう作品が増えればいいのにな、と思いますね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル