top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小泉進次郎氏の育休宣言に賛否 考えるべき男性取得率6%の壁

女性自身

小泉進次郎氏の育休宣言に賛否 考えるべき男性取得率6%の壁

 

「今の時代、男性が育休を取得すること自体は歓迎すべきこと。永田町の人たちも真っ向から反対はしにくいと思います。しかし一連の報道を見ていると、やはりパフォーマンス感は否めません。本当に育児をサポートするとなると、3カ月から1年ほど完全に休む必要があります。2週間ではとても足りないでしょう。もっと言えば、日本人男性の育休取得率はわずか6%しかありません。つまり、制度としてまだまだ定着していないということです。自身が率先して育休を利用するのもいいですが、小泉さんは政治家。まずは企業や国民にしっかりとした育休制度を定着させるよう努力すべきだと思います」

 

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル