top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さんま 木村拓哉に重圧告白の夜「俺も木村やったらええのに」

女性自身

さんま 木村拓哉に重圧告白の夜「俺も木村やったらええのに」

1月上旬のある夜。東京・渋谷にあるステーキハウスに響き渡る大きな笑い声が。その主は明石家さんま(64)だ。この日、自身が主演を務める舞台の公演を終えたさんまは、共演者の中尾明慶(31)らとの食事会を楽しんでいた。そしてほどなくして、そこに驚くべきゲストが現れた! 木村拓哉(47)だ。

 

「舞台は見られなかったようですが、木村さんはさんまさんをねぎらいに駆けつけたのでしょう。実は、5年ぶりの主演舞台ということでさんまさんもプレッシャーを感じているといいます。さんまさんは人前では絶対に弱みを見せませんが、木村さんには『俺も木村やったらこんなに心配せんでええのに』と不安を漏らしていたと聞いています。木村さんも真剣にアドバイスをしていたそうです」(舞台関係者)

 

さんまが吐露した“主役の重圧”。緊急相談会が開催された陰には2人の確かな信頼関係があった。

広告の後にも続きます

 

「2人は’95年にテレビ番組で共演して以来の仲で、木村さんはさんまさんのことを“おじき”と慕っています。さんまさんも木村さんのことを公私ともにかわいがっているそうです」(テレビ局関係者)

 

さんまは木村との対談でこう語っている。

 

《この人にわかってもらえたらいいというのが何人かいるんですよ。たけしさんもそうだし、所さんもそうだし、タモリさんもそう。木村もその中の一人ですね》(『UOMO』’20年2月号)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル