top_line

ついに【MV解禁】!デスメタルな広瀬すず、渾身のヘッドバンギング!ヒャダイン楽曲を全力でシャウト!映画『一度死んでみた』劇中バンド “魂ズ”ライブシーン

フィールドキャスター






こんな広瀬すず…見たことない!

コメディ初挑戦の広瀬すずに、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太など超豪華俳優陣が大集結した映画『一度死んでみた』は、3月20日(金・祝)より全国ロードショー。

この度、公開に先駆けて広瀬演じる女子大生・七瀬が所属するデスメタルバンド“魂ズ”が歌う楽曲「一度死んでみた」のMVが初解禁。

役を演じるため、艶やかな黒髪をピンクにカラーリングし、ハードなメタルファッションに身を包んだ広瀬すず史上、最も衝撃的な姿は必見!

さらに、MV解禁にあたって広瀬すず本人からコメントも到着!

【ライブシーンの演技について】
「ヘッドバンギングのシーンでは首がむち打ちになるんじゃないかと思うぐらい、激しく首を振りました!
エネルギーを使うので大変だったんですけど楽しかったです!」
【楽曲の注目ポイントについて】
「ファンキーな歌詞と激しい曲調に乗せて、一緒に激しく首を振ってストレス発散する気持ちよさをみなさんと共有できたら嬉しいです!」

<ストーリー>
父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。
売れないデスメタルバンドでボーカルをしている彼女は、ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤真一)への不満をシャウトするのが日常だった。
そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。
実は計が経営する製薬会社で偶然発明された「2日だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。
ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…!
大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎて“ゴースト”と呼ばれている計の部下・松岡(吉沢亮)とともに、父を救うため立ち上がることを決意する。
火葬までのタイムリミットは2日間。
はたして七瀬は無事、計を生き返らせることができるのか――!?

脚本:澤本嘉光
監督:浜崎慎治 
音楽:ヒャダイン
配給:松竹   
©2020 松竹 フジテレビジョン

美人は何やっても美人デス!


TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル