top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐藤二朗、母親から改名をすすめられる「佐藤ピーナッツ」

SmartFLASH

 

 佐藤二朗が、1月18日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、「佐藤二朗テキトー伝説年表」を公開した。

 

 自身の名前は本名だが、15年ほど前、母親から「佐藤二朗という名前はありふれていて、いかん(だめだ)。顔の形が豆に似ているから『佐藤ピーナッツ』(にしなさい)」と改名をすすめられたが、結局変更はしなかった。

 

広告の後にも続きます

 

 役者を目指したきっかけは、小4のときに演じた猫役だった。佐藤が8割しゃべり続けるという内容で、その劇を見た父兄は大爆笑。そこから演劇にのめり込み、自らドラマを作り、カセットテープに録音して、倉本聰や山田太一、伊丹十三らに送ったという。「『僕を使ってください』と手紙を添えて送った」と明かしていた。

 

 中学時代には、軟式テニス部に入部。理由は「隣にプールがあって、水泳部の水着を拝める」と下心があったから。すぐに帰宅部になったが、その裏には「俳優になる」という思いがあったという。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル